文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
インフラ計画を全力で推進・屏東県政府では交通処を設立 
発布日:2018-09-19    
屏東県政府は台湾高速鉄道、観光鉄道、MRTなどの中央政府からの重大なインフラへの承認を加速させ勝ち取るために、10日午前「交通処」を設立しました。将来的な交通業務と中央政府への直接の窓口として、また人員の手続きを担当します。各タイプの重大なインフラ計画の実行をさらに改善し、またより効率よく関連するリソースを統合できるようになりました。

「交通は都市の発展の骨幹です!」潘孟安県長は「交通と輸送の建設は都市を突き動かし、経済発展のパイオニアとなります。就任以来台湾高速鉄道の南部への延伸、観光鉄道、高雄MRTの延伸などの交通関連の建設などを勝ち取り、すでに初期段階での効果が上がっています。県内のバスの乗り継ぎルート部分も、区分けされたターミナルセンターと層レベルでのバスルートの構築などの交通政策の処理も行っています。

「今日は屏東の自治の歴史における重要なマイルストーンです!」潘県長は「便利な交通がもたらす素早い人の流れ、物流、キャッシュフローもまた都市の経済発展と基礎をより安定したものとします。このため「交通処」の設立により計画を統合し、交通輸送関連の業務を推進していきます。関連するリソースの最も有効な利用により、交通運輸システムの利便性を向上させます。」と指摘しています。

屏東県政府交通処長には前観伝処・黄国維副署長が就任しました。氏は「就任後の最も重要な目標は、台湾高速鉄道を屏東まで伸展させ、屏東の陸、海、空の交通網を統合することで交通輸送システムの質、量の方面でともに飛躍的な向上をもたらし、地元の県民の方々にも、観光客の方々にも、便利で親切、革新的な交通輸送サービスを勝ち取ることです」と述べています。

交通処は「今年は屏東県全体のバスルートのネットワークを114本まで増加させ、クラス分けされたバスルートネットワークでの乗り換えの最適化させます。例えばMRTの路線図、バスのアクティブ情報システム、電動バリアフリーバス等を含む、ソフトとサービスレベルを向上させます」としています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. インフラ計画を全力で推進・屏東県政府では交通処を設立