文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
4月22日の地球の日に呼応し屏東県東港での海岸清掃で海を守る 
発布日:2018-05-11    
屏東県政府環境保護局は「世界地球の日」の呼びかけに応じ、台湾人の海岸の環境と大切にする意識の向上のために、国泰金控株式会社と福智文教基金会の屏東分会、地元のボランティアを結び付け、2018年4月22日午前に東港鎮鎮海公園の砂浜と嘉蓮里海岸のビーチなど2個所で同時に「2018年春季浄灘宣誓」 (2018年春季海岸清掃宣誓)」の盛大なイベントが開催されました。このほか東港鎮での鮪魚季イベントの到来を迎え、観光客の方々に優れた環境を楽しんでもらえるよう、と実は国際仏光会東港分会とともに東港の街のクリーニングイベントが開催されました。参加者数合計500人が熱心に今回のイベントに参加しました。

今回のイベントは環保局魯台営局長、東港鎮徐志雄鎮長、林蔡鳳梅議員、国泰公司の展業高屏区部林嘉祥協理、文教基金会の屏東分会李文徳支苑長が共同ですべてのスタッフを先導し砂浜の清掃行動を宣言しました。当日はゴミ拾いのほか、イベントではICC(International Coastal Cleanup)国際クリーンアップキャンペーンを採用してごみの種類を採用し、ゴミを分類し、重さを量って統計分析を行い、さらにオンラインでの登録を行うことで、私たちの海にどのようなゴミが廃棄されているのかを理解しました。これにより人々にいかなるゴミや汚染物質も海の環境を汚染するのに足りることへの注意を促しました。人々が道徳心を発揮してむやみにゴミを捨てず、こぞって海岸の砂浜の保護に参加し、一緒に実際に海を大切にする行動を起こすことで、私たちの地球環境を大切にすることを願っています。

環保局では、砂浜のクリーンアップイベントの開催により海岸線の砂浜をきれいに清掃するほか、全国民が海岸の環境を重視し、率先してクリーンアップの作業に参加することを呼びかけました。一緒に「クリーンアップでの環境保護は誰でもできる」に呼応し、砂浜に美しい姿だけを残し、いかなるゴミも残さず、行動で海を大切にし、海岸を守り、海洋の生態の保護と育成を重視し、海の永続的な経営の観念をすべての人に伝え、地球の永続的な経営に心を尽くし、次の観光客の方が同じように自然の美しい景色を楽しめる権利を持てるようにできることを期待しています。

環保局 魯台営局長も、心から本日一緒に活動に参加した国泰金控有限公司の福智文教基金会屏東分会と福智文教基金会屏東分会に感謝しています。企業と基金会のパワーを提供し、企業の環境保護への熱意を発揮して、社会の善意を引き起こしました。社会に対して還元することで人々が道徳心ある公民として、ともに私たちの海の環境と社会をより美しくより善良なものとしていきます。

環保局魯台営局長は「人々に優美で清潔な海岸を提供するために、人々が残した足跡に、ゴミを残さず一緒に海岸を大切にするよう指導を強化しています。環保局は各機関の団体を「楽活南湾浄灘総動員(ロハスな南湾海岸クリーンアップ総動員)」、「清浄後壁湖闘陣来浄灘(後壁湖闘陣に来てクリーンアップ)」、「好玩船帆石浄灘Let’s Go!(楽しい船帆石での海岸クリーンアップへLet’s Go!)」、「美麗万里桐浄灘(美しい万里桐の海岸クリーンアップ)」、「大湾有你“浄”讚(あなたがいれば大湾“クリーン”最高!)」などを含む「推動恒春墾丁沙灘遊憩区浄灘系列活動計画(恒春墾丁砂浜レジャーエリア・クリーンアップシリーズイベント計画の推進)」海岸でのイベントへ招請しています。これにより県政府の各部門と地元のボランティアと業者が結びついて、一緒に海岸のクリーンアップイベントを開催し、台湾人の屏東県への旅行の品質への信頼感を向上させます。各企業や団体、または個人での参加申し込みをお待ちしております。(電話番号:08-7351911 内線780)一緒に河や海の汚染を減らし、絶対にゴミを海へと流れださせて砂浜に留めず、美しい海岸の砂浜だけを残しましょう。
分類:[一般] [活動]

  • 関連画像
    1. 4月22日の地球の日に呼応し屏東県東港での海岸清掃で海を守る
    2. 4月22日の地球の日に呼応し屏東県東港での海岸清掃で海を守る
    3. 4月22日の地球の日に呼応し屏東県東港での海岸清掃で海を守る