文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
人の顔 V.S パイナップルのPK合戦 屏東県政府の創意あふれるお笑い宣伝用ショートフィルム 
発布日:2017-04-07    
屏東県政府のハイレベルなショートフィルムがまたやってきました。全国唯一のペイントパイナップル畑の公開発表後、外国の景色のように美しいカラフルさは人々を驚かせました。県政府はカメラのレンズをその現場へと向けたにもかかわらず、人々の顔とパイナップルのサイズ比べのPK合戦に来場し、面白おかしく、販売促進の目的を達成し、人々の政府機関への印象を打破しました。

屏東産パイナップルの生産面積は台湾全土の30%占めており、生産量と品質は全台湾のチャンピオンです。特に金鑚パイナップルの甘みは強く、果肉はきめ細かで舌がヒリヒリしません。最近では、県政府による農産物の外国向け販売の普及において、パイナップルが先陣を切り、中国のウォールマート傘下の合計500店舗近くでの全面的な販売に成功しています。

今回茂林国家風景区と高樹銀獅農場の協力により、パイナップルの日焼け防止袋を利用して、カラフルなカンバスへと大きく変化させることで、インターネット上で話題となりました。県政府は観光の普及にさらに創意を発揮し、現地で宣伝用のショートフィルムを撮影しました。しかしながら、ほかの場所で美しい景色が語られているのと違い、主演女性が惜しげもなく自分をピエロにしてパイナップルと顔の大きさのPK合戦を繰り広げ、巻き尺で実際にサイズを比べて、最後にはパイナップルに大きく勝ち越すと、主演男性は次はスイカにチャレンジすればと意見を述べるという、非常に面白いものです。

観光伝播処・黄建嘉処長は、「ショートフィルムの内容はすべて職員の創意と発想によるものです。撮影ツールも簡単に携帯電話やカメラを用いただけです。しかし重要なポイントは人々に深く印象付けることです。同時に県政府が職員に対し勇敢に革新を行うことを激励し、時事と流行の波に乗ることを結び付け、行銷県政をより活発にすることです。」と述べています。

このショートフィルムはすでに「i屏東~愛屏東」のフェースブックにアップロードされています。また、フィルムを見てシェアしクイズに答える抽選イベントを開催しています。皆様の閲覧をお待ちしております。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 人の顔 V.S パイナップルのPK合戦 屏東県政府の創意あふれるお笑い宣伝用ショートフィルム
    2. 人の顔 V.S パイナップルのPK合戦 屏東県政府の創意あふれるお笑い宣伝用ショートフィルム