文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
優れた農地を保護し、ともにウィンウィンの関係を創り出す 
発布日:2018-05-11    
近日のメディアの報道によると、屏東林辺郷はモーラコット台風による災害で被害を受けた後、大地の力を回復するために、政府は農家の人々に農業での耕作と養殖に不利な土地を、グリーンエネルギーの施設への転向を奨励しました。しかし再生エネルギー光電業者がビジネスチャンスを嗅ぎ付けたことで、現在メーカーを招いた投資の戦場となっています。このため県政府は再び声明を発表しました。農地資源の永続的な利用と優れた農地を維持することとを前提として、農地とグリーンエネルギー施設を結び付け、農地の農用と農業の生産の維持を原則に「農業をメインに、光電を補助に」、着実な「優れた農地の農業への使用の保護」を最高の準則として堅持しています。

屏東林辺郷の地元の農業発展は、人口の流出と沿海地域の地層陥没等の問題の状況に直面しており、主に特色ある「黒真珠」産業と養殖漁業によって生計を立てていました。しかし近年の頻繁な台風による災害と人口の老化などの要素により、地元で農業活動に従事する人々は減少しています。災害後の農家の人々の収入不足の状況を解決するために、県政府では農業委員会の公告に基づき、耕作地に向かない範囲に、別の生計を維持する方法を提供し、同時に再度太陽光発電などのグリーンエネルギー業者に呼びかけを行いました。農地のもとある地形を維持することを原則として、「申請農業用地作農設施容許使用審査方法(農業用地と農作業用施設の許可審査方法の申請)」の規定とその他の関連する法令に基づき手続きを行いました。

屏東県政府は、積極的に再生エネルギーの発展を推進し、同時に全力で農家の人々の権利と利益を守ります。農業経営に不利でグリーン施設の設置できる範囲内であれば、太陽エネルギー施設への転向を奨励しています。また同時に農地と農用の両方をケアする前提のもと、五期続き多元的なグリーンエネルギー政策を推進し、着実に関連の法令の実施と、耕作に不利な土地に設置されたグリーンエネルギー施設がなおも農地の地形と土地を維持していることを厳守し、厳格な審査と不法行為の審査を行っています。着実な農地と農業、グリーンエネルギーで共にウィンウィンとなる戦略を推進しています。
分類:[一般]