文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東紅粱故事館が開幕 
発布日:2017-08-31    
屏東県東原郷の紅藜(タカサコムラサキアカザ)産業の順調な普及と、人々に部落の紅藜(タカサコムラサキアカザ)の生育と生態、屏東県の紅藜の伝統と革新的な産業の面持ちを理解してもらうために、屏東県政府は礼納里の1n1原創空間を選定し、「屏東紅藜故事館」を計画・設置しました。21日午前に開幕式典が開催され、藩孟安県長自ら看板を掲げました。屏東県にレジャーに訪れる人々に、インテリジェンスと完成を兼ね備えた旅のポイントとしての選択が追加されることとなりました。

潘孟安県長は、「紅藜(タカサコムラサキアカザ)は酒を醸造するのにも、頭飾りを作成するのにも、または食物に加えて栄養を追加することもできます。また、花束にして贈り物とすることは、部落の伝統的な奥深い文化を豊かに内包しています。近年県政府では、積極的に学術と産業の提携を進め、部落での紅藜をコーヒーの後に続く重要な産業としています。最近では、さらに義美食品公司と一般より高い価格での10万トンの紅藜の作付けの契約が交わされました。紅藜故事館では、礼納里観光センター、四大工坊と原住民美食館と提携し、屏東県道185号の観光スポットとなりました。

屏東は台湾の農業の重鎮です。農作物の生産量でのチャンピオンであるほか、優れた品質を誇ります。屏東の部落の紅藜(タカサコムラサキアカザ)は、パイワン族では「Djulis」と呼ばれています。これは穂を結ぶ時に赤色、オレンジ色、黄色、ピンク色などの色とりどりのカラフルな現れるためであり、またの名を「穀物の中のルビー」といいます。その栄養的価値と経済的価値は高く、屏東の重要な普及農産品の1つであり、台湾の先住民の部落における重要な農作物でもあります。

県政府原民処は「紅藜故事館に展示する説明と表現を通して、人々の紅藜産業の面持ちと認識を開拓し広め、且つ紅藜の産業優れたモノにして実施を達成やすいようにしました。また紅藜工坊を計画し、機械化での脱穀後、さらに残ったもみ殻と株を炭化させ、紅藜の全体を利用できるようにしています。屏東県礼納里に位置する、このような人と文化の芸術が集まった部落を選択しました。」と指摘しています。

屏東紅藜故事館の開館時間は、火曜日から日曜日の09:00から17:00までとなります。開館から1か月以内には、紅藜の指定商品は25%オフの割引があります。皆様の関連商品のご購入をお待ちしております。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東紅粱故事館が開幕
    2. 屏東紅粱故事館が開幕
    3. 屏東紅粱故事館が開幕
    4. 屏東紅粱故事館が開幕