文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭 
発布日:2017-12-19    
屏東県の斜面の上の芸術祭、3番目のイベントとなる「山と海の対話」は、9日に獅子郷がバトンを受けて走り出しました!獅頭山の芸術作品には自然の風格に満ちています。屏鵝公路の海岸と互いに照り映え、大武山のパイワン族と東海岸のアミ族のアートが対話しています。さらに獅子郷役場が心を込めて企画した周辺イベントを組み合わせ、芸術祭の遊農場、ピクニックと一緒に、皆様への参加を大声で「帰りのチケット代に見合います!」と呼びかけています。

屏東県呉麗雪副県長は「県政府が主宰する「斜面の上の芸術」が、ますます注目され好評を博しています。原民処の努力により、異なる部落を訪問し、多くの芸術価値の高い作品を残しています。例えば芸術家である黄永宝氏による「栄耀部落」は、翼を広げて飛翔するイメージであり、大海原に向かう獅子郷部落の部族の人々を導き、海を超えて世界の舞台へと向かい、世界各地に希望に満ちた部落文化の種をまくことを象徴しています。将来的には県政府はサポートを続け、関連する先住民の芸術文化イベントを推進し、世界に台湾の先住民部落の美しさを見てもらいます。」と述べています。

原住民処・伍麗華処長は「イベント会場では芸術家による創作のシェアがあるほか、屏南地区でのユニークな大亀文大国文化講堂もあります。現地でも自分自身の部族の服装を組み合わせたショーと、一緒に歌おうsisiguの古い民謡のシェアも開催されます。夜にはさらにクリスマスのイルミネーションイベントと合わせた、豊富で多元的なイベントが開催されます。ピクニックの雰囲気を楽しめると同時に、自然と芸術の対話を感じることが出来ます。

台南市から一家全員でこの場で音楽と芸術の饗宴を楽しんでいる呉さんは「イベントの現場の沿線では、海と空が溶け合う屏東の美しい景色に深く魅了されます。先住民の親切さと生まれながらに備わっている芸術的な才能を組み合わせ、完全にリラックスした雰囲気に浸っています。」と述べています。
分類:[一般] [活動]

  • 関連画像
    1. 山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭
    2. 山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭
    3. 山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭
    4. 山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭
    5. 山と海のロマンチックな出会い・獅子郷の斜面の上の芸術祭