文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東県政府による「職業安全衛生通訳の人材」育成 
発布日:2017-09-07    
本県の通訳スタッフの職業安全衛生への専門的知識を増進させ、通訳の人材の本県の外国人労働者の方々の職業安全衛生外国語サービスへの投入に協力し、外国人労働者の方々の職業安全衛生への認識を強化し、安全と健康な作業環境を保障し手助けするために、屏東県政府では特に職業安全衛生に関する通訳の人材育成を実施しました。

人は誰もが安全で衛生的な作業環境を享受する権利があり、これは職業安全衛生法の立法の目的です。外国人労働者は近年すでに台湾の基層労働力の主な源の1つとなっています。ただし言語の隔たりにより、事業部門が職業安全衛生教育訓練を実施する際に、外国人労働者の方々は往々にして理解が難しい状況が発生しています。今回の活動の実施により、職業安全衛生についての通訳の人材を育成し、事業部門が職業安全衛生教育訓練や指導を行う際に即時通訳の手助ができ、外国人労働者の方々が職業安全衛生にさらに一歩すすんだ認識を持ち、その安全で衛生な作業環境を確保できるよう期待しています。

本日(31日)労工処・林徳輝処長率いる訓練に参加した通訳スタッフは、実習と県内の金属鋳造製造工場を訪問しました。職業安全衛生関連のリスクをより深く認識し、実際に外国人労働者の仲間たちの作業現場に寄り添い、職業安全の観念と情報伝達の目的の強化を達成しました。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東県政府による「職業安全衛生通訳の人材」育成
    2. 屏東県政府による「職業安全衛生通訳の人材」育成