文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力 
発布日:2017-04-21    
治水への予算を勝ち取るために、屏東県潘孟安県長は12日、立法院経済委員会の前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)特別条例公聴会」で報告を行い、台湾の治水部門が多頭政治であり、地方政府がどこに従うべきかわからないと指摘しました。現在の中央政府は治水の垂直統合を行い、水環境建設の前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)をリリースしました。各県市街の効果的に治水問題を解決するために、国民党と民進党どちらもからも強力な通過へのサポートが得られることを願っています。

潘県長は、屏東の地理環境はちょうど台湾の縮図であり、3つの面を海に囲まれ、雨が多く又河川も多く、県の海岸線は150キロメートル以上に達しています。県内には3本の中央管河川、12本の県管河川、95本の区域河川があり、160以上の渓流が流れています。屏東県政府は水害を改善するために、15の大型ポンプ場、15台の大型ポンプ、189台の移動式ポンプ、195の水門を設置しました。しかしなおも天の神様の試練に敵うことなく「人々の生活を浸水の恐怖から守るのは、政府が尽くすべき責務なのです。」と指摘しています。

潘県長は、如何にして水と共生共栄するのか、これは屏東県が努力し続けてきた重要な課題であると述べています。;屏東県は全国初の地下ダム-大潮州人口湖を造り、余分な場所から必要な場所を補い、地下水の層を蓄積させています。下流の地層の陥没現象を改善するだけでなく、地層での濾過を経て伏流水となり、人々の用水へと提供することができ、水資源の無駄を防止しています。;このほか屏東県政府と台湾自来水公司(台湾の水道局)が提携し、プランの補助の方式により水道水の普及率を向上させ、どれも非常に効果を上げています。

このほか、屏東県は2年前より河川の水域のレジャースペースの計画を開始し、ちょうど水利署の「水と緑の計画」と事前の相談もなくぴったりとマッチしています。潘県長は、立法院が治水、安全な水の提供、国土の復元の視点から、国民党と民進党のどちらもから強力なサポートを得て前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)が通過し、台湾の水環境に新たな発展をもたらすことを願っています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力
    2. 潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力
    3. 潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力
    4. 潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力
    5. 潘県長が前譫基礎建設計画(将来を見据えたインフラ建設計画)の公聴会に出席、 水環境建設の通過を目指し努力