文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
グリーンエネルギー立県・屏東はソーラーパネルのリサイクル問題を重視 
発布日:2018-07-19    
屏東県では積極的にグリーンエネルギーの発展を推進し、ソーラーエネルギー発電の設置量200MWの目標に向けて一歩づつ邁進しています。20年後大量販売されなくなった後の、光発電モジュールの保存廃棄問題はやはり考慮する必要があります。淘汰方式を採用する場合、如何にして回収処理するかが重要な課題となります。1MWのモジュール約3,330枚の光発電パネルを設置した場合、重量約18.5㎏にて計算するとすれば、200MWの目標量で約11万トンのソーラーパネルの廃棄物が発生します。県政府はあらかじめ準備をしておくために、2018年6月に行政院環保署、経済部能源局と屏東県グリーンエネルギーの専門家である智庫団の関連する専門的な学者を招聘しました。「2018年屏東緑能専家智庫団会議-太陽光電廃板回収問題研討(2018年屏東グリーンエネルギー専門家智庫団会議-太陽光発電廃棄パネル回収問題検討会)」にて共同で参加討論し、工研院緑能所の鄭隆藤博士により、国外の光発電モジュールの回収処理技術が紹介されました。

会の専門家との幅広い討論により、ソーラーパネルの廃棄回収の未来に参考として貴重な意見が以下の通り提出されました:(1)現在廃棄回収されるソーラーエネルギーのモジュールの処理量は多くないため、現在県・市、郷・鎮の清掃隊による処理を提言し、また行政院環保署廃棄ソラーパネル回収メカニズムが処理費を徴収する方法に向かい実施するよう提言した。(2)業者が自主回収連盟を設立し、共同の処理体系または廃棄物基金管理委員会などの方式での推進を提言する。(3)現在の少量の光発電の廃棄物には、一時保管スペースを設置でき、光電工場の廃棄物の累積量が経済規模に達した後、専用の回収処理工場を再度設立する。(4)場所それぞれの方式を採用し、地方政府に比較的大きなスペースを与え、光電廃棄物回収制度の制定または地方での法規の制定し、地方政府の実行効率を効果的に向上させることができるよう授権することを提言する。

行政院環保署と経済部能源局はこの会議で、現在環保署では廃棄物清理法を修正し、着実に生産者に責任を延伸する制度を計画し、また経済部指導によるソーラーエネルギー関連産業に連盟または委員会を設立して、回収処理メカニズムの計画していると説明しました。

屏東県政府は管轄内に設置しているソーラーエネルギー設備のグリーンエネルギーメーカーに対し、目下予防性の態度で可能な方法を研究し、ソーラーパネルの廃棄処理問題の解決するために、メーカーに申請時に明確に将来的に淘汰されたソーラーパネルの回収メカニズムを明記するよう要求しています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. グリーンエネルギー立県・屏東はソーラーパネルのリサイクル問題を重視