文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
南台湾学際科学技術イノベーションセンター発足 
発布日:2016-07-25    
台湾南部における農業の持続可能な成長をサポートするため、屏東県政府、高雄市政府、工業技術研究院、屏東科技大学が共同で設立した「南台湾跨領域科技創新中心」が18日午前、屏東科技大学農学院にて調印および発足式を行い、潘孟安屏東県長、陳菊高雄市長、工業技術研究院劉軍廷副院長、屏東科技大学謝寶全副学長と農学院吳明昌院長等が出席しました。工業技術研究院は屏東県政府、高雄市政府を結び付け、学校や県・市、分野の垣根を超え、並びに産業アプリケーションによって、農業に革新的な科学技術を導入することで農業の競争力を高めていきます。

今年5月、高雄の中山大学に設立された初めての「南台湾跨領域科技創新中心」に続き、今回は屏東科技大学に新たに設立されたのは、農業とテクノロジーの結合に重点を置き、産官学の協同による農業生産の生態化、環境保護化、テクノロジー化を通じて工業研究院の高度な専門技術によって工業技術が高度に成熟した低温プラズマ技術を野菜・果物の生産管理に応用する試みによって精緻農業への成長を出発点としてテクノロジーの研究開発と結び付け、県政府チームによるバックエンドの販路開拓を通じてより健康を重視した産業へと進化していきます。

今回の分野を超えた提携について潘孟安屏東県長は、工業研究院の南部での指導、そして陳菊市長、屏東科技大学などの機構の支持に謝意を表するとともに、これまで北部に重心が置かれていた科学技術プロジェクトによって南北の技術におけるアンバランスが形作られていたが、今回の中央と地方政府および学術界、産業界の南部への進出を屏東科技大学農学院呉院長の尽力で、屏東における農業テクノロジーの基礎を築き、ひいては医療、工業などの関連産業に応用し、台湾南部のさらなるレベルアップを導くものであると述べました。

陳菊高雄市長は新たな政局によって、台湾南部により多くの新しい発展の機会が与えられているとし、また新たな与党政府に対して幾度もその要求を公開して訴えてきたこと努力が今現実となったことを評価しました。5月、高雄に設立された学際センターはすでにその成果が現れており、今回の屏東での設立も十分に期待できるとし、高雄市政府も屏東と提携して研究費やより多くの研究開発人材を台湾南部に導きいれて将来はさらに嘉義・台南地区にも拡大して台湾南部の産業転換を促進していこうと述べています。

陳菊市長はまた、高雄市政府もすでに3階建て、1500坪近いスペースを準備して経済部の関連事業推進オフィスと法人機構の高雄進出に提供し、法人の研究費の力によって南部の多くの大学と連携させることをサポートし、産官学の研究の力を地元産業に引き続き注入していくとしています。

工業技術研究院の劉軍廷副院長はさらに、高雄市政府、南部の大学および産業界が共同して設立した「南台湾跨領域産業諮詢委員会」は金属、農業、医療器材、海洋、光通信など5つの台湾南部における重点産業について産業ニーズにマッチした技術とアプリケーションの課題選定とその具体的方法を実施するとしています。今回再び屏東科技大学を第2の研究基地として選び、常温プラズマ技術による植物の殺菌と成長の促進、食品加工と設備技術などによって精緻農業を発展させていきます。現在、大気圧プラズマが屏東科大農学院吳明昌院長の協力のもと、具体的かつ深みのある成果が得られ、我が国の農業の転換を成功に導くはずです。

屏東科技大学の謝寶全副学長は、台湾中南部は農業の重鎮であり、屏東科技大学は熱帯性気候地域にあって長く熱帯農業の研究においては我が国でトップの地位を占めており、近年ではグリーンパワーテクノロジー、農業技術と国際農業技術提携などの分野において十分な普及推進と産学協同の経験を積んでいると話しています。また「南台湾跨領域科技創新中心」研究基地の設立後、本校が積極的にその成長を推進している農業生産力4.0と結び付け、ならびに学内に間もなく設置される「ビッグデータセンター」で人工知能、インタネット、モノのインターネット、ビッグデータ解析などの応用によってクラウドコンピューティングを通じて農業をテクノロジー化へと進めていき、南部地域の農業の成長とレベルアップと転換、そして農業テクノロジー人材の育成と地方経済の成長促進などの面において実質的かつプラスのメリットをもたらす、とも述べています。

南台湾跨領域科技創新中心は将来台湾南部における産業の革新的技術開発ニーズについて、引き続き学界と産業の力を結合させて、ともに革新的技術を開発し、産業生態系と協同プラットフォームを確立していきます。現段階においてすでに工業研究院と中山大学が協力して「高品質革新二次原料と製造プロセス技術開発」、「大容量データ光通信伝送モジュール」など2項目の研究計画の実施を促しており、台湾南部における産業転換とレベルアップをサポートしています。将来も引き続き南部の学会と産業界との提携を拡大し、ともに技術によって産業付加価値を高め、国家の競争力と世界における露出度をたかめ、台湾南部産業の付加価値における重要な推進力としていきます。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 南台湾学際科学技術イノベーションセンター発足
    2. 南台湾学際科学技術イノベーションセンター発足
    3. 南台湾学際科学技術イノベーションセンター発足