文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
第五回屏東六堆客家(ハッカ)美食物産展盛大に開幕 
発布日:2016-08-22    
屏東県政府により「千客万来・平和展」六堆客家(ハッカ)美食物産展のイベント「千客万来・平和展」が開催された。11日より、太平洋百貨店屏東店6階の文化会館で催される。今年は計22店による客家産業展となり、商品も多種多様であった。これと同時に親子交流の場も設けられ、様々なDIY講義や催し物のイベントが提供された。参加者には伝統的な客家の特色を持つ催し物の他にも屏東客家の雰囲気を存分に楽しんでもらいたい。

屏東県政府と太平洋百貨店の提携により六堆客家物產展は開催された。今年は第五回となり、毎年異なるテーマで催される。昨日の開幕イベントでは、副県長・吳麗雪と太平洋百貨店の副総経理・吳志夫が共に司会を務めた。ハーブの薬包の手作り体験や新埤小学校の子供達による客家舞踏が催された。また、子供達はハーブの薬包を使って年配者の足を洗い、年配の人を敬おうという雰囲気を作り出し、社会に対するメッセージを送った。

副県長・呉麗雪は、客家にはたくさんの美食や手芸文化があり、今までは紹介、展示する場や機会がありませんでしたが、客家の産業開発に対する精神は、社会の一角に存在していました。政府部門の販売プラットフォーム設立を通して、客家の産業の発展と六堆の美食と産業を全国国民と共有したいです。

今年のイベントは主に客家産業となり、県内の客家の優良な22種類の特色ある文化商品を展示イベントを通して紹介する。客家事務所より、少なくない販売業者は展示会を通して知名度の向上や開店をすることとなり、将来的にはもっとたくさんの客家産業の進出と商品水準の向上を期待する。

今回の「千客万来・平和展」イベントの展示商品はカカオチョコレート、カカオ手作り石鹸、ハーブ薬包、黒糖薑、青梅エキス、ナツメ、食用酢、はちみつ、豚足、黒豚肉、客家きしめん、サツマイモ、客家紙傘、客家伝統衣装、文化商品などなど多種多様であった。

「千客万来・平和展」イベントは即日から8月18日まで太平洋百貨店6階文化会館にて行われます。開催期間中の13日の週末には、遊びと教育を合わせ持つ「スッポンは現れた?」や「鍾林作業坊」の親子教育DIYを開催。スッポンの卵の生態箱を使って、親子で植物染めを手作りし、客家の異なる文化を感じてもらう。14日には六堆鄉が成立した「三間家表演作業坊」や「哲夫爵士二胡楽団」により、イベントにさらなる活気を注ぐため、皆さんにジャズと過ごす午後を提供する。
分類:[活動] [一般]

  • 関連画像
    1. 第五回屏東六堆客家(ハッカ)美食物産展盛大に開幕
    2. 第五回屏東六堆客家(ハッカ)美食物産展盛大に開幕
    3. 第五回屏東六堆客家(ハッカ)美食物産展盛大に開幕
    4. 第五回屏東六堆客家(ハッカ)美食物産展盛大に開幕