文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東県200件目のコミュニティケアセンターオープン〜新たなランドマーク 
発布日:2016-10-25    
屏東県政府は完成された、友好的で、活力ある高齢者のコミュニティケアセンターサービスネットワーク構築のため、社会事務所を通した民間団体の補導は団体とコミュニティケアのボランティアの力を整合することに成功。積極的に屏東県内各町村にコミュニティケアセンターを設置し、コミュニティの年配者に健康を促し、老化を緩和させ、人間関係を開拓できる楽しい環境を作ります。萬巒郷赤山社区発展協会コミュニティケアセンターは今年2016年10月13日に正式にオープンします。屏東県は一つの町村に一つの拠点の「安心して暮らせるコミュニティ」を目標としており、また一歩前進しました。

赤山社区発展協会は地方人である潘嘉明理事長により引導されました。拠点準備の際、元々のコミュニティイベントセンターはマーケットの二階にあり、階段が高いため、年配者がイベントに参加するには極めて不便だったこともあり、屏東県政府からの助言で、赤山派出所は空きスペース(元託児所)を修繕、及び理事長から住民への呼びかけにより、皆んなで「赤山コミュニティ多機能ケアセンター」を作り上げました。住民のイベント時に使用され、センターは開幕から今に至るまで、センターの年配の方々からもセンターでの時間を大切にされています。毎週金曜日に時間通りにセンターに集まり、センターでの課程を楽しんでいます。本日、センターの年配者は地元の伝統文化「弄車鼓」とマンボダンスが開催されているので是非ご参加ください。

屏東県政府は潘孟安県長就任後、積極的にコミュニティ、団体を引導してコミュニティケアセンター設立を指揮してきました。社会事務所のセンター指導人員を通して、2016年6月から萬巒鄉赤山社区発展協会と共にボランティアを招集して会議を行い、コミュニティケアセンターでテストイベントを開催することになりました。テストイベントのサービスは地元の住民からも大好評で、参加者は徐々に増えており、日に日に、コミュニティケアセンターの住民に対する重要性、影響、成果が明らかになっています。現在までにケアセンターに参加している年配者は約35人、ボランティアは計20人。将来的にもっと多くの年配者が毎週金曜日に集会し、さらなる健康と楽しさを感じていただけることに期待します。

屏東県県長潘孟安により、年配者に友達を作れる場、新しいことを学ぶ楽しい環境を提供。年配者に尊厳と楽しい晩年をコミュニティで安心して過ごしてもらえるよう、コミュニティケアセンターを設立。萬巒鄉には計14の村があり、赤山村を含む6つの村にコミュニティケアセンター(萬巒村、鹿寮村、佳佐村、五溝村、萬金村)が設立されています。萬巒鄉役所が引き続き発展し、全ての萬巒鄉の町村に設立がされることに期待します。同時に、全てのセンターで2日或いは3日に、「小クラス」から「大きなクラス」に、更に多くの年配者がコミュニティでサービスを受けてもらえることを期待します。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東県200件目のコミュニティケアセンターオープン〜新たなランドマーク
    2. 屏東県200件目のコミュニティケアセンターオープン〜新たなランドマーク
    3. 屏東県200件目のコミュニティケアセンターオープン〜新たなランドマーク