文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
ペット公園を散歩・浪浪(野良犬)も跳ね回る 
発布日:2017-12-01    
フレンドリーな都市を造り出すため、 高屏渓の左岸、高灘地の高屏橋下に位置するペット公園は、毛むくじゃらの子どもたちのために設立された屏東県初の楽園です。敷地面積が広いだけでなく、公園内には各種の施設が設けられ、飼い主の方が家のペットを連れて心行くまで走らせ、遊ばせる格好の場所です。

動物保護法第20-1条の規定では、直轄市、県(市)の主管機関は、飼い主がペットを携えての活動と使用に、適切な公共施設を提供しなければならないとあります。ペット公園はアクセスもよく、周囲に住宅エリアもなく、各種の珍しい施設が設置されています。例えばペイント水道管、飛び跳ねるタイヤフレームと波状の桟道です。これらの施設での訓練を通し、ペットのエネルギーを発散させるほか、ペットと飼い主のつながりを造り出す手助けをしています。ペット公園の設立は、屏東県全体の動物への福利厚生の向上を象徴しているほか、動物にフレンドリーな場所を提供することで、豊かな命の教育の機能が含まれています。このほか、動防所は関連団体に問合せ、ペット関連のイベントと試合を開催し、人波をもたらしています。

県政府は生命の尊重と動物愛護の精神に基づき、現在野良となった動物への正確な捕獲戦略を採用、すなわち人々の安全に危害を与える野良となった動物の正確な捕獲を行っています。このほか県政府では積極的に動物保護を行っている人々と、野良となった動物の捕獲と避妊手術を行っています。現在高屏橋下のペット公園付近では、野良犬を何頭かみることができますが、すべて避妊手術を施され危険性がないため、安心して公園に向かってください。

屏東県政府農業処・黄国栄処長は、里親となることは野良となった動物を減らす最大の手助けです。愛の心を発揮し、これらの毛むくじゃらの子どもたちを助けてほしいと呼びかけています。野良となった動物には愛情が必要です。屏東県政府はさらに動物を飼う前によく考えてほしいと呼びかけています。彼らはあなたの生命の一部分ですが、あなたは彼らのすべてであり、決して捨てたりしないでください。違反者には動物保護法の規定に基づき新台湾ドル3万元以上10万元以下の罰金刑が科されることとなります。
分類:[一般]