文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
枋山消防分隊による水難事故防止指導 
発布日:2017-05-03    
枋山消防分隊では、毎年の夏の足音が近づき、水遊びをする観光客が増加することによる水難事故の多発、人命への被害の発生に関し、水上での活動の安全を強化し、人的被害を減少させて郷民の方々と観光客の方々の生命と財産の安全を確保するために、管轄エリアの沿岸処所で観光客の方々と人々に向けての水遊びの安全についての指導を強化しています。保護者の方は、子どもたちが危険な水域で水遊びをしないよう、しっかりとした水遊びする上での約束をしなければなりません。このほか台風の増水予防期間には、渓流の川辺でのピクニック、バーベキュー、水遊びをしにいく観光客の方々、川辺で砂利を採集作業をしている作業者の方、危険を冒して農作物を収穫しに行く果物農家や野菜農家に従事いる方々は、随時安全に注意して、渓流の水が急激に増水する危険を予防しなければなりません。

枋山消防分隊はまた、この機会に、人々に救命員が当直をしている水域で泳がなければならないと呼びかけています。また指導に従い、警戒ラインを超えないこと、河川や渓流や湖で水遊びをする際は、保護者が同伴しなければならないこと、お互でお互いを見守り「遊泳禁止区域」「危険な水深」などの標識が設置されているエリアで泳いではならず、また船舶の航路、港エリア、岩礁エリアと港での遊泳もできません。誰かが水難事故に遭った時は、大声で援護を呼び、周囲に救命用の器材(救命ロープ、救命浮き輪、ライフジャケット、救命用のボールなど)がないかどうかを観察し、陸上からの救助を試みるか、119に救助を求めてください。水難防止事故の発生を防止するために、危険を冒して水に入らないでください。

屏東県政府消防局は「すぐに到来する夏に備え、この機会の水難防止の見回りと指導し、人々の夏の水難防止への常識を強化し、決して渓流や河岸で水遊びをしないよう呼びかけ、生命と財産の安全の確保のために、全国民の水難防止への観念を向上させ、水難事故の発生を減少させたいと願っています。」と述べています。
分類:[活動] [一般] [その他]

  • 関連画像
    1. 枋山消防分隊による水難事故防止指導
    2. 枋山消防分隊による水難事故防止指導