文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション 
発布日:2017-04-07    
屏東県政府は本日(30日)「2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)」を開催しました。屏東ステージは今年度初めて追加されたステージであり、潘孟安県長率いるチームが自転車にて本大会の開幕の先導しました。レースのコース沿線の学校の学生と人々が一丸となり、選手を応援しました。試合の開催を通して、効果的に屏東県の知名度を向上させ、参加選手たちに屏東県の国境の南の特色と県民の熱意を感じさせて、ともに「屏東の騎跡(中国語で奇跡の同音異語、サイクリングの軌跡)」を創り出しました。

潘孟安県長は、「2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)は、国際自転車競技連合(UCI)が2.1クラスのトップレベルの試合に分類し、合計5つのステージに分かれています。屏東県は非常に光栄なことに、本年度の最終ステージとなることができました。世界各国の7つの海と5つの大陸、21のチームが国境の南に集まり、屏東市から出発します。全国で初めて国道下のスペースを利用して作られたサイクリングロード「単車国道」、大武山の山々を稜線として開拓された沿山公路、南国の海風ただよう楓港、車城から大鵬湾の環湾大道を通過する全コース198.8キロメートルは、今年のツール・ド・台湾で最も長いステージであり、黄色のリーダージャージの王座もまた、屏東での決戦で生み出されるのです。全てのサイクルスポーツを愛する皆様を、サイクリングコースでの選手たちへの応援に心よりご招待いたします。

このほか、屏東県政府もまた特別に「勇士の珠」を、4位までを勝ち取った選手に贈呈する準備をしています。この“珠”は「守護と防衛、勇敢な前進と非凡なる成果」を象徴しています。古来パイワン族は、戦場と狩場で勇敢であったり、或は部落への優れた貢献があってはじめて、大頭目から勇者の珠を贈られました。参加選手が屏東ステージで大胆に競い合い、南台湾だけの、このステージでの椰子に吹く風と明るく輝く太陽を感じ、ゴールへの道を邁進することを鼓舞し、期待しています。

今年のツール・ド・台湾最大の突破口と初の試みは、インターネットによる全コースのライブ中継です。各ステージでの試合開始後、ノートブックパソコン、タブレットやスマートフォンを通して、TVBSのウェブサイトでライブでの実況中継により試合状況を把握することができます。(ウェブサイトのアドレス:http://news.tvbs.com.tw/live/news4live/)このほか、TVBSの56チャンネルでは、本日(30日)午後6時から6時30分まで、試合のハイライトを楽しむことができます。このチャンネルの視聴は50数か国のEUROSPORTがカバーしており、20種類の言語で放送され、全世界に屏東の美しさを見せることができます。インターネットでのライブ放送とテレビでの放送のほか、フェースブックの「Ture de Taiwan(ツール・ド・台湾)国際自由車環台公路大賽」のファン専用ページで、最も即時的な試合状況のニュースを知ることができます。

最後に、先導用自転車の提供元であるジャイアント・マニュファクチャリング、地元産業が県政府の政策をサポートし、ともに都市観光の発展を創造し、スポーツ産業の活性化の目標を積極的に引き立てていることに感謝いたします。
分類:[活動]

  • 関連画像
    1. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    2. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    3. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    4. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    5. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    6. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    7. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    8. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション
    9. 2017年ツール・ド・台湾(国際自由車環台公路大賽)-屏東県ステーション