文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
現場へのクリーンな政治についての相談 購買業務への精通で楽しい屏東に 
発布日:2017-06-13    
屏東県の管轄下には33の郷・鎮・市があります。県長に任命された後、県全体の購買業務のリスク管理を着実なものにするために、県政府の政風処(政治風紀への監督を行う部門)に、積極的な屏東県の各郷鎮市の公所(役所)への購買業務の指導を要求してきました。政風処では監査科を設立して、購買の専門的な担当と処理の監督と処理、購買の承認等の業務を行うほか、さらに政風の専門スタッフと共同で「クリーンな政治相談室」を組織しました。毎月日を選び、政風(政治風紀)機構を設置していない公所(役所)に向かい、購買業務の上で遭遇した困難解決の手助けを行っています。さらに即時性のあるクリーンな政治への疑問についての問い合わせを受け付けています。業務担当部門との共同での研究討論、改革と企画推進を通して、業務の運営の不確実さを低減し、「クリーンな政治効果のある政府」の目標を達成します。

政風(政治風紀)機構が設置されていない公所(役所)の、購買案件の品質の改善を確実なものとするために、政風処では今年初めに霧台郷公所にて購買の研修を開催し、公所(役所)のスタッフ一同からの信頼を獲得しました。その後さらに6月1日から7月4日に、それぞれ三地門、瑪家、来義、満州及び琉球郷公所にて講習を実施します。屏東政府の施工監査チームの王栄愷執行秘書、及び行政処購買品管科郭明恩科長が講師を担当し、購買案件の公開入札、入札、契約の履行など段階的で業務部門がよく遭遇する問題の疑問を解説します。また公所とフェイス・トゥー・フェイスでの双方向でのコミュニケーションと交流を実施することで、屏東県の購買能力と品質の向上を期待しています。

政風処の林処長によると「政風(政治風紀)部門での監査と手続きのプロセスにおいて、常々スタッフが関連の法令や規定、作業手順をよく理解しておらず、さらには業務を実施する際に派生した遺漏とミスが発生しているのを発見しました。機関における購買での効果と利益を促進し、購買の品質を確保し、実務の運用における公平性と合理性を向上させ、購買における論争を低減させるために、政風処では監査処理のプロセスにおいて、即時での利益追求の行為を提出するほか、講習、座談会などの機会を通して、購買の監査と処理の情報をフィードバックし、担当者の購買処理の観念を正しく導きます。後日ミスが起こる機会の発生を低減させ、人々がより政府を信頼できるようにすることで、「安居楽業・幸福屏東(住みやすく働きやすい、幸福な屏東)」の目標を達成します。」と述べています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 現場へのクリーンな政治についての相談 購買業務への精通で楽しい屏東に
    2. 現場へのクリーンな政治についての相談 購買業務への精通で楽しい屏東に