文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東県政府が地政デジタルサービスを革新  土地謄本がコンビニでも申請可能に!! 
発布日:2016-09-06    
県民に更に便利で多元性の問い合わせルートを提供する為、屏東県政府が地政移動便利サービス「屏東県地政デジタルサービス」を発表しました。携帯アプリ及びコンビニで土地謄本資料が申し込めるサービスで、コンビニを通してサービスの普及やハード、ソフトウェア共に開発し、更に県民の生活に馴染めるE政府サービスを推進したのだ。26日の記者会見では、潘孟安県長も自ら操作し、地政謄本のデジタル化サービスを体験した上、民衆に今回発表した革新便利デジタルサービスを利用するよう呼びかけました。

以前から、いかにデジタル化サービスを優等化及び強化するかは県政府の重要プログラムでしたが、民衆も地政事務所での案件処理や時限などの問題によく関心していることから、今年以来現在の地政問い合わせシステムの機能を検討及び修正した上、「屏東県地政デジタルサービス」を増設し、民衆がダウンロードできるアプリを開発し、サービスの流れをより透明化し、民衆の権利を保障します。民衆が地政事務所に提出した各案件も処理忘れが無く、処理状況を把握する事ができますと潘孟安県知事が示しました。

屏東県全体の面積が広大で、農村部の民衆が土地及び建物謄本を申請するには遠く離れた繁華街の地政事務所の窓口まで手続きしなければならなかったが、今では身近のコンビニにて、自然人インターネット安全認証を申請して使えば、全国約1万軒以上のコンビニが地政事務所の窓口となり、電子地政謄本がコンビニエンスストアでも申請可能にと潘県長が強調しました。

「屏東県地政デジタルサービス」アプリは、案件(登録ケース、測量ケース、測量移行登録ケース)の処理状況、現価値、土地価額の公表、土地段コードの問い合わせ、案件後押し通知、最新の地政サービス関連拠点情報及び地図などの位置参考資料などのオンライン問い合わせなどのサービスが含まれており、携帯電話でQRコードをスキャンすれば、(本政府地政課ホームページトップ>便利サービス>オンライン問い合わせシステム>各無料資料問い合わせシステム) インストロール画面に入り、Android又はiosスマートフォンまたはタブレットにインストロールすることができ、随時に各地政事務所の案件処理状況などの関連情報を手に入れられます。

現在では、不動産登録、測量案件などの処理状況は以下の方法で獲得することができます:
(一)スマートフォン、タブレットPCで案件の処理領収書の番号を入力せずにQRコードをスキャンすれば、案件状態問い合わせシステムに接続でき、その処理状況が調べられます。
(二)案件受理を申し込みする時に、携帯電話番号を登録すれば、案件処理完了した時に、メッセージで交付通知及び実価登録等の関連情報が送られます。
(三)本ホームページの「地政類別問い合わせシステム」を利用して、案件処理状況など関連情報が調べられます。

去年下半期発表した地政謄本資料コンビニ申請サービスは、全国一万軒以上のコンビニエンスストアで利用することができ、平日(月~金曜日)の午前8時から午後5時までの間に、近くのコンビニエンスストアにある多機能事務機の「自然人認証e政府サービス」をクリックして、自然人認証を行い、申請/支払い/プリント機能を使えば、操作完了後に直ぐ地政謄本を獲得できます。また、コンビニエンスストアは半オープン環境にある為、店員が全部代理することが不可能で、民衆が各自操作しなければならない部分がある為、個人情報を保障することを考えて、現在は名前や統一番号などが完全公開しない第二類謄本のみ利用可能です。

その便利サービスは全国22地方自治体、県(市)の土地、建物の登録謄本、土地籍図謄本と建物測量結果図謄本を申し込むことができます。また、申請する際に発生する費用は、謄本料金20元/枚以外に、コンビニ手続き料10元とA4白黒プリント費用2元/枚が支払われます。電子地政謄本1部を2枚申請する例として:(20元*2枚)+10元+(2元*2枚)=54元の料金が発生します。

身分証明書統一番号を入力すれば「屏東県地政デジタルサービス」で案件処理状況通知機能が開始される為、案件資料がある場合のみその機能を起用し、携帯電話のアプリから各案件情報を確認することができます。個人情報の盗用などを防ぎ、個人財産や権利を保障するため、ぜひご利用ください。

電子謄本コンビニエンス申請サービスは更に民衆の要求に合うようにと、徐々に検討及び修正していきます。本サービスをより活用する他、県政府に意見を提出し、サービス品質を高めるように努力していきます。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東県政府が地政デジタルサービスを革新  土地謄本がコンビニでも申請可能に!!
    2. 屏東県政府が地政デジタルサービスを革新  土地謄本がコンビニでも申請可能に!!