文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心 
発布日:2018-02-02    
内政部警察署では今年(2018)年度、全面的に〈PPQ M2 NPA〉新型の警察官用拳銃を発給しました。里港警察分局では、このタイプの拳銃へと順次交換装備し、該当する警官に新たな拳銃の性能と操作を熟知させるために、所属する警官すべてを特別に招集して訓練を実施しました。教育訓練を通して、人員の正確な拳銃の使用上の概念を強化し、安全な実行を確保します。

里港警察分局は2018年1月8日から1月11日の4日間、4回に分けてすべての警察官を分局の射撃場に招集し、常訓技術教官・鄭豊宗教官による新型警察官用拳銃の訓練を行いました。訓練課程には「大部分の解体操作プロセス」、「大部分の組立操作プログラム」、「弾の装填されていない拳銃の操作プロセス」、「トラブルシューティングと操作プロセス」と「実弾射撃操作プロセス」などがあります。また毎回の訓練後に教官と学生たちにより、該当するタイプの警察用銃の使用操作と関連する検査プロセスの座談会と検討が行われました。

蘇栄明分局長は「きちんとした仕事をしたいのなら、良き仕事道具を優れたものにする必要があります。社会の雰囲気の変換に伴い、法の執行はますます困難となっています。瞬時に変化する突発的な状況に対し、さらに進んだ訓練と警察官への正確で大胆な警察官用の機器の使用を教育することは、警察官の命を守るお守りとなるだけでなく、善良なる人々を保護する最良の方法なのです。」と述べています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心
    2. 正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心
    3. 正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心
    4. 正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心
    5. 正確で堅実な警官への技術訓練・心遣いでさらに安心