文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東熱帯農業博覧会 祝「入場者100万人」突破! 
発布日:2017-02-17    
折しも元宵節(旧暦の小正月)の連休と重なった今日、屏東熱帯農業博覧会の入場者数が100万人を突破。県政府は、この幸運な100万人目の来場者で妻と娘二人を連れて遊びに来たという屏東県の戴申徳さんご一家を出迎えました。この幸せ家族には、県政府から墾丁福華ホテルの宿泊券やメロンなどの特産フルーツかご盛り、バイオハザードの映画観賞券、オンシジュームの花束、屏東産米の津好米、スクラッチカードといった豪華プレゼントが送られました。屏東熱帯農業博覧会は、1月21日に開幕してから現在までの23日という短期間で、入場者100万人突破という好記録を達成。旧正月の元日(新暦1月28日)からの5日間だけで、入場者数64万人という集計結果を出し、台湾各地の遊園地や景勝地の入園記録を打ち破ることに。屏東熱帯農業博覧会は、自然を崇め尊ぶことや田園体験、アースワークをアピールし、畜産・農漁業を融合させたものとなっています。健康・ロハスといったイメージは、世間一般での人気を博すこととなり、各大手旅行会社や社会団体のお決まり観光スポットに。更には、学校の校外学習にうってつけの場所ともなり、来場者の波はとどまるところを知りません。屏東県の潘孟安県長は、「来場者の熱心な支えが、熱帯農業博覧会ブーム継続の動力となっています。屏東県政府は、熱帯農業博覧会を引き続き開催していくことで、屏東の観光発展につなげて行きます」と述べました。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東熱帯農業博覧会 祝「入場者100万人」突破!
    2. 屏東熱帯農業博覧会 祝「入場者100万人」突破!