文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東県とLINE協力作成 台湾初公式アカウント観光案内サービス 
発布日:2016-06-23    
美しい山々と海の素晴らしい景色を有する屏東は国際的に有名な観光旅行地です。毎年数百万の旅客を引きよせ、2015年度に千万人を突破。観光サービス面の拡大の為、屏東県政府とLINEは協力して、屏東県政府LINE公式アカウントを運用し、台湾初の観光案内サービスプラットホーム「遊屏東」を作成。屏東旅行を更に便利にさせる。この新機能は県政府のサービスをスマートモバイルの次世代へと邁進させる。

屏東県潘孟安とLINEは本日台北で記者会見を行い、屏東県政府とLINEは縁が深く、2015年に屏東県政府は彩稲芸術フェスティバルを初考案した。LINEと協力して田んぼに可愛らしいLINE FRIENDSアニメキャラクターを描き、全国を賑わせた。当時44日の展示期間で66万人を超える参観者を引き寄せ、無限な商機を作り出した。また、各業界に屏東の素晴らしい農業技術を見てもらうこととなる。

前回の素晴らしい経験により、LINEは今年3月に業務プラットホームソースの開放を発表。外部商業パートナーと開発者一同で各種ソースとサービスを収束し「Smart Portal」の作成を期待する。県府はタイムリーに3月末にLINE公式アカウントを申請。両者の過去の良好な交流により、LINE推進の「Smart Portal」は台湾初の応用事例となった。

このサービスは県府LINE公式アカウントを運用し、観光サービス機能を拡大、「同時写真送信」、「チェックイン情報シェア」、「旅客案内」、「聴覚言語障害者文字案内」の四つの大きな特徴を持つ。屏東県政府LINE公式アカウントを登録するだけで、「愛屏東観光旅行網」、「360度パノラマ鑑賞」、「観光スポット予約」、「旅行特典」などの選択項目が下部に表示され、検索を便利にする。

「360度パノラマ鑑賞」では、まず小琉球花瓶岩、墾丁南湾、龍磐草原、満州九棚大砂漠、佳楽水、牡丹旭海草原などの風景地を設定、携帯パノラマで美しい景色鑑賞を先取り。「旅行特典」では20件近くの宿泊施設と交通業者により特別割引を提供。国立海洋生物博物館、ハワードビーチリゾート墾丁、シーザーパークホテル墾丁、シャトービーチリゾート、アマンダホテル、ケンティントンリゾート、エバースプリング エコ・ファーム、ブーティックスリゾートホテル、THE PEN BAY INTERNATIONAL LTD.、屏東客運など。県府でまだまだ引き続き新規増加中、旅客のお財布をサポートする。

「観光スポット予約」について、屏東県内人気予約ツアーを集め、例えば山川琉璃吊橋予約システム、旭海観音鼻自然保留区(阿塱壹古道)、龍坑及び南仁山生態保護区、禮納里(Rinari)部落など、他にも社頂部落、水蛙窟社区、阿禮部落、東源社区、里徳社区などの生態系遊学ツアーがある。旅客は事前に検索、予約をし、興味深い旅の手配ができる。

今までの公式アカウントとの最大の違いはオンラインの案内サービスを開設したことです。「遊屏東」案内を選択すると、一対一のチャットルームが開き、この様なチャットでの案内で更に多元的に便利になります。

例えば、屏東県で今最もホットな新スポット「山川琉瑠吊橋」は旅客問い合わせ数が一番多く、問い合わせ内容ではアクセス方法が最も多いです。「遊屏東」案内サービスはタイムリーにアクセス方法及び吊橋情報を提供。もしくは、屏東県に到着した旅客が域内の観光スポットが良く分からない場合、携帯写真機能を利用して、現地画像と位置情報を送信するとサービス係員から送信される関連情報を参考にする事もできます。

潘県長より「境界無きインターネットを観光案内サービスに応用することで利便性が更に広がります」、県府と国民が最も良く利用しているLINEを結合することにより、別途アプリをダウンロードする必要も無く、屏東県政府LINE公式アカウントを登録するだけで屏東観光情報が得られ、検索時間の節約ができます。

多くの県市政府は1999ホットラインを設立、現地の県市政府に電話でしか問い合わせができないのに対し、今では、他地方の旅客は屏東県政府「遊屏東」LINE案内サービスを利用して、最新情報の取得ができるようになりました。聴覚言語障害者による口頭での問い合わせは困難ですが、LINEの文字での問い合わせにより、同案内サービスを簡単に利用する事ができます。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東県とLINE協力作成 台湾初公式アカウント観光案内サービス
    2. 屏東県とLINE協力作成 台湾初公式アカウント観光案内サービス
    3. 屏東県とLINE協力作成 台湾初公式アカウント観光案内サービス