文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
潘孟安県長は新幹線線路の南方への延長を要求し 林揆は交通資源で屏東の建設を援助すると承諾しました。 
発布日:2016-09-06    
屏東県は国境の南に位置し、その交通建設は屏東の発展を大きく影響します。屏東県長潘孟安は27日に行政院長林全に新幹線線路の南方への延長、恆春支線として新しい鉄道線路の建設、恆春空港などの重要交通建設を要求しました。特に新幹線の南延に対して、「屏東県民はみな大統領の故郷にも新幹線があることを望んでいます!!」と語りました。

林全院長は、過去多くの重要建設は全て高屏川を越えることがなかったが、屏東建設の中で交通への要求がいかにも大きい為、交通部長賀陳旦に将来の交通建設で、鉄道、道路、空港などに関わらず、資源をもっと屏東に分配するようにと指示しました。と同時に関連部門に交通部来年度の建設計画や考えを了解し、屏東県の要求を優先的に考え、解決するように指示をしました彼も関心を続け、政府全体交通建設案の一項目として考えていきます。

また、屏東県では大いにグリーンエネルギー産業を推進しており、成功大学水利試験場、中山大学海洋科学研究センター、国家研究院海洋科学センターと協力して、海流発電を発展していきます。台湾海域で黒潮発電を開発し、行政院の経費支援をとり、林全院長の承認をうけました。台湾は世界で最も海流発電を発展していく可能性の大きい所で、研究が成功し、商業化にできれば世界一に間違いない。国家エネルギー資源開発計画の研究会議に納入しました。

潘孟安県長は、屏東県は台湾重要な農業倉庫であるだけでなく、有名な観光スポットでもあります。毎年千万人以上の観光客が訪れます。ですが、その屏東の交通建設が省略され、「国道は26年、鉄道は32年遅れている」潘県長が2007年立法委員就任期間内に新幹線を潮州まで延長する案を提出しました。新幹線左営駅から南は、台湾鉄道と共同運営することでできて、高雄鉄道の地下トンネルは建設計画当初では、すでに将来的に高雄や屏東まで延長するのに必要な空間スペースやトンネルを予め計画しており「新幹線の南への延長は僅か45キロメートルだけなんだ。屏東県民は大統領の故郷にも新幹線ができることを望んでいます」

新幹線の南への延長の他、潘県長は現在屏東県内の交通網はまだまだ強化する必要があって、屏東県の交通運輸力及び観光産業の競争力を高める為、林全院長に台湾鉄道の恆春支線、台湾鉄道潮州--枋寮間鉄道のダブル路線の高架化及び高雄--屏東間の東西方向の快速道路などの建設案を支持することを望んでいます。

それから、恆春空港を国際空港にエスカレートすることです。恆春半島の観光客人数は年々上がっており、恆春空港は観光国際空港に向けて活用していく必要条件が揃っていますので、恆春空港に東西向き滑走路を増設するほかに、機器を装着して着陸システムを補助します。それらの対策によって、落山風問題を解決し、飛行安全を高めることで、小型プライベートジェットや国際飛行線及び隣接国家及び地域の短距離飛行線など開発することができで、「南から入り、南から出る」ことで国際観光客を引き寄せ、政府の新南向け政策の扉を開いていきます。

潘県長は林揆に県政府が国家防衛部が未使用中の土地を再利用する事を支持するように求めました。国防部は屏東市雲鵬に約44.43ヘクタールの土地を有しており、その一部は雑草だらけで使われていません。なので県政府としては、土地スペースを有効に利用して、下町歴史建築を保存する計画の他に、飛行公園、野球テーマパーク、大鵬創作基地、水岸生態コミュニティや交通総合広場なども企画しています。

国防部にできるだけ迅速に屏東市繁華街地域に位置する航特部大武軍区の移動作業を完成するよう希望しています。大武軍区内の県所有地は約12.94ヘクタール程あり、総面積の54%を占めています。軍隊側は50数年使用したのに移動しておらず、県政府の開発計画を大きく影響しました。県政府として裁判にかける可能性はなくもないと考え、院長に公平な裁断をしてもらいたいと述べました。

分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 潘孟安県知事は新幹線線路の南方への延長を要求し 林揆は交通資源で屏東の建設を援助すると承諾しました。