文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東全県民でテング熱を防止 家庭を清掃し「巡・倒・清・除」を実施 
発布日:2019-07-11    
屏東県政府は16日、33郷・鎮・市役所及びコミュニティボランティア2,000名を総動員し、全県同時に「テング熱繁殖源清掃・消毒宣誓大会」を開催しました。潘孟安県長は作業員を率いて共に家々を清掃し、共に「巡・倒・清・除」の4作業を実施し、各箇所の容器蓄水を清掃し、テング熱を全国規模で防止しよう、と呼びかけました。共に「巡・倒・清・除」の4作業を行い、各容器蓄水を除去することで、全国民規模でテング熱を防止します。また、潘孟安県長はテング熱の媒介蚊は全国民と政府が共に行動し、「清潔・整頓を主力とし、薬を補助とする」を原則として、徹底的に繁殖源を除去すべき、とアピールしました。

動員イベントはメイン会場である屏東市瑞光小学校において、環境保護局、衛生局、屏東市役所と共に開催されました。共同宣言後、共に手を取り媒介蚊繁殖源の除去や各家庭の清掃作業を実施しました。潘孟安県長は、イベントの宣誓と共に、屏東県で毎週1日1村・里選択を強化し、村長・里長がコミュニティのボランティア、グループなどの人材が、全力で「環境清掃日」行動を行い、民衆が自主的に随時、自宅や周辺の小道の媒介蚊繁殖源の容器蓄水を「巡・倒・清・除」しよう、と呼びかけました。

潘孟安県長は、近日の屏東の豪雨により、一部地区は雨の後、容易に容器に蓄水が発生し、テング熱媒介蚊繁殖の温床が形成される、と指摘しました。特に民衆に主動的に随時、家庭内外の隅にある容器蓄水を巡回検査・清掃し、媒介蚊繁殖を回避し、個人・家庭・コミュニティの感染伝播のリスクを下げ、全面的にテング熱を共同で防止し、全国民の健康を保護し、良好な生活環境の質を整えよう、と呼びかけました。

県政府環境保護局は、連続豪雨の気候はまさにテング熱媒介蚊が繁殖し、刺し、伝染させる機会を高めるため、県政府は全く軽視することなく、特に人口が多く密集している屏東市で重点的に防止を行う、としています。高雄・屏東の両エリアは学校、仕事や旅行などで往来する人々が多く、民衆に伝染地域で多くの保護を行い、自ら防止措置を行うよう呼びかけています。症状の疑いがある場合、NS1高速スクリーニング試薬を手配した病院・診療所及び衛生所で診断するよう手配されます。また、病院・診療所に通報作業を強化し、通報隠蔽期を短縮し、防止作業に便宜を図り、ウィルスがコミュニティに拡散し、各地域で病例が発生し、コミュニティの健康に危害を与えないよう求めています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東全県民でテング熱を防止 家庭を清掃し「巡・倒・清・除」を実施
    2. 屏東全県民でテング熱を防止 家庭を清掃し「巡・倒・清・除」を実施
    3. 屏東全県民でテング熱を防止 家庭を清掃し「巡・倒・清・除」を実施
    4. 屏東全県民でテング熱を防止 家庭を清掃し「巡・倒・清・除」を実施