文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
熱博(熱帯農業博覧会)で映画の田んぼアートが公開 主演のミラ・ジョヴォヴィッチが屏東に感謝の意 
発布日:2017-01-23    
屏東熱帯農業博覧会が1月21日より始まりました。台北で16日、映画「バイオハザード・ザ・ファイナル」の記者会見中に田んぼアートの図案が公表され、主演のミラ・ジョヴォヴィッチに捧げる田んぼアートは実物そっくりにミラの面影を捉えており、ミラ自身も非常に驚いて「すごいです」「ありがとうPingtung」と話し、屏東の農民技術を大いに讃えました。

屏東県政府は台湾国内の田んぼアートブームをリードして、今年ソニーピクチャーズと共同で、熱帯農業博覧会のパークエリアに映画「バイオハザード・ザ・ファイナル」主演のミラ・ジョヴォヴィッチの色付き稲を植えました。2ヘクタール近い農地に46万2000株の色付き稲を使用し、台湾国内で最も大きい映画の田んぼアートは、去年12月16日に田植えされた後、一ヶ月の成長期を経て、女神が屏東の平原に姿を表しました。

16日に主演のミラ・ジョヴォヴィッチは監督で夫のポール・W・S・アンダーソンと共にプロモーションの記者会見を開きました。会見中に初公開された田んぼアートは、映画のポスターと同じく、ミラが手に槍を持ち勇ましい様子の図案でした。会場では田んぼアートのタイムラプスムービーが放映され、田植えや手入れにいたるまで細部に調整がなされた、農民の丁寧な技術が見られました。映画のエンディングでは潘孟安県長と農民が一緒にミラの訪台を歓迎しました。田んぼアートのビッグプレゼントにミラも大興奮で、専属の稲アートを作ってもらえる人などほとんどいないと誇らしそうに語り、屏東県政府の心意気に対して中国語で熱く感謝の意を話しました。

県政府の農業課によると、色付き稲は農業試験所が提供したもので、国産の色付き稲の品種は、紫、白、黄、黒、緑の全5色です。神農賞を受賞した林清源が所属する屏東県水田育苗技術改良協進会チームが田植えと3Dアートの転図を請負いました。農業とテクノロジーを組み合わせた大掛かりな景観アートを作り出し、1月21日に熱帯農業博覧会で登場後、一般の人々や訪問者が映画の田んぼアートと写真に収まったり、主演本人とどれくらい似ているかをこの目で見ることができます。
分類:[活動]

  • 関連画像
    1. 熱博(熱帯農業博覧会)で映画の田んぼアートが公開 主演のミラ・ジョヴォヴィッチが屏東に感謝の意
    2. 熱博(熱帯農業博覧会)で映画の田んぼアートが公開 主演のミラ・ジョヴォヴィッチが屏東に感謝の意
    3. 熱博(熱帯農業博覧会)で映画の田んぼアートが公開 主演のミラ・ジョヴォヴィッチが屏東に感謝の意
    4. 熱博(熱帯農業博覧会)で映画の田んぼアートが公開 主演のミラ・ジョヴォヴィッチが屏東に感謝の意