文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕 
発布日:2017-04-07    
屏東県明正中学の男子バレーボールチームは、JHVL中学甲級バレーボールのリーグ戦にて優勝を勝ち取りました。屏東県潘孟安県長に29日、県政府にて屏東に栄光をもたらした明正中学校の優秀な選手、一緒に試合に参加した屏栄高校の選手たちが特別に表敬訪問を行いました。続いての2017年全国第53回莒光カップ中学校バレーボール大会について、県長はこれらの屏東県の優れた選手たちを、努力を続けて優れた成績を勝ち取り、国際試合での光と熱を発するチャンスを得られるよう鼓舞しました。

潘孟安県長は、「明正中学校バレーボールチームはすべて屏東県自身で訓練してきた選手たちであり、優勝を勝ち取るのは非常に困難でした。これらの選手たちは中学校2年生、3年生により組織されたチームで、毎日少なくとも3時間の練習を重ねてきました。監督の王登基組長と周進財氏は各選手の得手不得手により、異なる訓練表を設定しました。苦しい集中訓練が終了し、今回の試合では全国優勝を勝ち取ることができたのは、監督の指導とご家族のサポートに感謝しなければなりません。」と述べています。

続いて開催される「第53回莒光カップ中学校バレーボール大会」は、本県で開催されます。参加するチームはすべて今年度の試合での累積ポイントが12位までのチームであり、素晴らしい試合が期待できます。近年推進しているバレーボールは、屏東が全国でスポーツでのメダルを獲得する得意競技です。今回の大会が、県民の皆様を現場での臨場感のある刺激的な雰囲気にさせることができることを希望し、県民の皆様が会場へ足を運び、激励してくださることを期待しております。

潘県長は、「県政府は人材育成のほか、もとからある教育センターの施設と外部のリソースを統合し、体育の発展センターを設立して、環境を改善し屏東県の体育に励む青少年たちが県に留まり進学するのを鼓舞し、また積極的に全国的及び国際的な大型のスポーツの試合を開催して、屏東体育王国の王国の再起させます。」と指摘しています。

明正中学校バレーボールチームは、今回中学校甲級バレーボール・リーグ戦で優勝を勝ち取っただけでなく、チームリーダーである林謙也選手も、同時に最優秀選手を獲得しました。徐晟瑋選手は最優秀ディフェンス選手を、MVPと最優秀アタッカーは李尼希米選手が獲得しました。

李尼希米選手のご両親は中南米のガイアナ共和国出身であり、布教のために屏東に定住し、李尼希米選手が生まれました。李選手は屏東で学校に通っているため、中国語、台湾語ともに非常に流暢で、勝利小学校から明正中学校のすべてでバレーボールチームのメンバーでした。李選手は、「今回の栄誉は非常に価値がある者であり、中学校卒業後も屏栄高校に入学し、引き続き県に留まり進学します。」と述べています。

教育処は、「県長が就任されて以来、積極的に体育の発展を推進し、基盤となる監督を雇用して三級五区(小中高の進学制度と5つの区)の学校に派遣しました。プロフェッショナルな監督の指導を通して、より効率よく現地の選手を訓練することを希望し、目的としています。今回の明正中学校の全国大会での優秀なパフォーマンスは、選手たちの努力が実を結んだことを人々に見せ、県政府が推進する三級五区政策の決心を確かなものとしています。」と述べています。

第53回莒光カップ・バレーボールチャンピオンシップは、4月15日から18日に屏東県体育館にて開催され、明正中学校、屏栄高校の試合があります。県民の皆様と一緒に全国の素晴らしい試合をシェアできることを、楽しみにしております。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕
    2. 明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕
    3. 明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕
    4. 明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕
    5. 明正中学バレーボール優勝チームによる潘孟安県長への表敬訪問と莒光カップの開幕