文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東熱帯農業博覧会・盛大に開幕 グリーンエネルギー展示コーナーに注目集まる 
発布日:2017-02-06    
スマートフォンが、ケーブル接続不要でワイヤレス充電できるのを知っていますか?今年の屏東熱帯農業博覧会・グリーンエネルギー展示コーナーでは、それを実際に見ることができます。グリーンエネルギーを多くの人に知ってもらうため、今年、熱帯農業博覧会では、特別にグリーンエネルギー展示コーナーを設けました。水上型太陽光発電や高変換効率太陽光発電、小型風力発電機、ワイヤレスパワーステーションといった各種設備の展示で、多くの来場客の注目を集め、グリーンエネルギーについてより詳しく知ることができるようになっています。同時に多くの人に、スマートフォンのワイヤレス充電という新テクノロジーの便利さも体験してもらえるようになっています。

 現在、大盛況開催中の2017屏東熱帯農業博覧会は、1月21日から2月28日までの開催となっています。今年は、多くの来場者にグリーンエネルギーを知ってもらおうと、農村再生エリアに、屏東県政府・グリーンエネルギープロジェクト推進オフィスによるグリーンエネルギー展示コーナーを特別に設置。SUN RISE E&Tコーポレーションの水上型太陽光発電やTSECコーポレーションの高変換効率太陽光発電、Hi-VAWTテクノロジーコーポレーションの小型風力発電機、Jichanテクノロジーコーポレーションのワイヤレスパワーステーションが展示されました。また、会場内の花壇には、小型風力発電機が設置され、風に合わせてくるくる回る風力発電機は、遠くからでも、多くの人々の注目を集めました。

 グリーンエネルギー展示コーナーの水上型太陽光発電は、台湾で初めて、安定性に優れた高密度ポリエチレン架台に太陽光パネルを固定することで、水上への設置、発電を可能としました。このシステムは、すでに佳冬郷の大武丁揚水ステーションの貯水池で商業運転が行われています。

 高変換効率太陽電池モジュールは、6インチの単結晶シリコン型太陽電池を60枚組み合わせたものです。出力ワット数は290W以上、台湾製造の高品質、高変換効率の太陽電池モジュールです。

 小型風力発電機は、全てのタイプのビル屋上に設置可能。分散型のエネルギー供給達成を目標に掲げている都市部に適しています。

ワイヤレスパワーステーションには、ハイテクノロジーが駆使され、スマートフォンに普段使用しているケーブルを接続しなくても、ワイヤレスでの充電が可能となっています。また、メーカーは、この新テクノロジーを太陽光発電と融合させ、太陽光発電の電力をスマートフォン用ワイヤレスパワーステーションに供給していく予定です。

 博覧会開幕後、グリーンエネルギー展示コーナーは、連日多くの来場者を惹きつけています。スマートフォンのワイヤレス充電の便利さを体験しながら、グリーンエネルギーについてより詳しく知り、深く理解することもできるようになっています。
分類:[活動]

  • 関連画像
    1. 屏東熱帯農業博覧会・盛大に開幕 グリーンエネルギー展示コーナーに注目集まる
    2. 屏東熱帯農業博覧会・盛大に開幕 グリーンエネルギー展示コーナーに注目集まる