文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
手作りドライレモン おやつやレモンティーとして楽しめる健康フルーツ 
発布日:2016-01-25    
 高樹郷の農家、張栄裕さん・張忠政さん兄弟は約1800坪の土地に無農薬、草生栽培でレモンを栽培しています。収穫したレモンはインターネットやフェイスブックで販売し、販売価格は市場価格の5~6倍です。新鮮なレモンを輪切りにし、日光で乾燥させてドライレモンを作ります。おやつとしてもレモンティーとしても美味しく、便利で健康にもいいため、現在は売り切れになることも少なくありません。

 張さん兄弟は5年前に帰郷した当初、インドナツメを生産していました。しかしインドナツメの収穫期が12月から2月と短く、収穫後に長い空白期間があったため、3年前から価格が高いレモンの生産を始めました。1800坪の農地でレモンを栽培しましたが、レモンの価格が低下したため、収穫期を調節し、四季を通じて収穫できるようにしました。またレモンの加工品を製造し、多様な商品を販売することで利益を伸ばしてきました。

 レモンは絞ってジュースとして飲まれるほか、様々な料理にも使われます。レモンを薄切りにし、日光で乾燥させ、少量の梅パウダーをかけていただけば更に美味しく、おやつやレモンティーとしてお楽しみいただけます。甘酸っぱい味わいは忘れられない美味しさです。

 屏東県庁農業処の姚志旺処長によれば、レモンは屏東県の重要な農産物の一つで、豊富なビタミン、ミネラル、クエン酸、繊維質を含み、健康や美容に効果のある素晴らしい果物です。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 手作りドライレモン おやつやレモンティーとして楽しめる健康フルーツ.jpg