文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
給湯器を使用する際には、一酸化炭素中毒を防止する為、換気を心がけましょう 
発布日:2017-02-24    
今週木曜日(23日)大陸寒流が南下した為、沿海の空地地域では最低気温約12度と、降雨に伴って気温が大幅に下げ、とても激しい天気の変化となりました。金曜日から日曜日(24-26日)にかけて、大陸寒流の影響により、水気が多く尚且つ影響範囲も大きい為、各地に降雨の可能性をもたらし、風上方面及び山域は比較的に大きく、一日中湿った寒さとなりそうです。ガス給湯器を使用する際、一酸化炭素中毒を防止する為、周囲の環境に気をづけ、換気を心がけましょう。

一酸化炭素中毒が発生する主な原因として、換気不良や室内に蓄積された一酸化炭素の濃度が高すぎたのがほとんどです。原因を分析すると、換気不良である場所にガス給湯器を設置した(例:台所、浴室、ベランダに窓を装着したりなど)、適切ではない給湯器を選択した(室外型ガス給湯器を室内に装着した)、人々に自己安全意識が欠けている(ドアや窓を密封にする)、ガス給湯器の設置不良、ガス給湯器の荒廃又は定期的なメンテナンスと検査をしていない等の原因が挙げられます。

屏東県政府消防局許美雪局長は、普段給湯器を使用する際に、室内の換気を気を付け、使用年数の長い給湯器は新しい物に替えたりするなどをして、一酸化炭素中毒を防ぎましょうと呼びかけています。ガス給湯器を使用する際に、めまい、吐き気、眠気など体に異常が起きた状況が発生した場合は、直ちに使用を停止し、室外に繋がる窓を開けて換気し、ガス給湯器を消します。体の異常が激しい時には、空気の良い室外環境に移動し、119番通報で助けを求めます。
分類:[一般]