文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
ペットの福利熱が上昇中 – 屏東県初のペット公園がオープン 
発布日:2017-05-03    
情熱的な南の島では、ペットへの福利にも手を抜きません。屏東県の市街地には多くの公園があります。県政府では、飼い主とペットたちに自分たちの活動空間を提供すべく、高屏渓の左岸にある河川敷にある高屏橋の下にペット公園の設置を決定し、さらにフレンドリーな都市をつくり出します。ペット公園では、2017年4月29日の朝9:00-12:00に開幕イベントを開催します。イベントの内容には、獅子舞、ジャズとサンバの楽団、変臉(顔の面が一瞬にして変わる中国の伝統舞踊)、オウムの飛行ショー、歌唱パフォーマンス、無料での狂犬病予防注射、健康診断、ペットの美容、珍しい動物展などがあります。このほか飼い主の方とペットがともに5つの関門駆け抜けて、プレゼントを獲得するゲームを開催します。一家の“もこもこのお子さん”と一緒に、現地で登録しての体験をお待ちしています。

動物保護法第20-1条の規定では、直轄市、県(市)の主管機関は適切な公共の場所を、飼い主がペットを連れて活動し使用するに提供しなければならないとあります。高屏渓左岸の河川敷である高屏橋はアクセスが便利で、周囲に住宅エリアもなく、広い敷地面積が確保されています。ペット公園内には、例えばペイントされた水道管などの様々な施設が設置されており、飼い主の方とペットがかくれんぼをすることができます。:タイヤくぐりではペットの跳躍能力を訓練できます。:波上の桟道ではペットの脚力を鍛えられます。ペット公園の設立は、屏東県の全体的な動物への幸福と利益の向上を象徴しています。その中には豊かな命の教育の機能が含まれており、同時にスローピッチソフトボールの球場、サッカー場とバスケットコートが隣にあり、人々のレジャーとスポーツ用に提供されています。

ここペットパークでは、主に犬の運動がメインとなっています。飼い主の方は使用される際に、例えばペットパーク内では大型犬の活動エリアと小型犬の活動エリアがわかれるといった制限があります。このようにすると小型犬が大型犬の攻撃を受けてけがをするのを回避することができるためです。また、園区には犬のふんのゴミ袋を設置しています。飼い主の方は、必ず犬のふんの清掃を行ってください。これらは一般的な人々が持たなければならない道徳心であり、ペットが園区に入る際は必ずつなを付け、犬同士が退治して互いに攻撃をするのを回避しなければなりません。

将来的にはペットパークは各種類のペットが集まる重要な場所となり、多元的にペットの引き取り展や、その他の犬の家族による集まりを開催し、すべてここを拠点として、異なるグループの参加を惹きつけるだけでなく、ペットパークの機能を十分に発揮させることができます。

分類:[活動] [一般] [その他]

  • 関連画像
    1. ペットの福利熱が上昇中 – 屏東県初のペット公園がオープン
    2. ペットの福利熱が上昇中 – 屏東県初のペット公園がオープン
    3. ペットの福利熱が上昇中 – 屏東県初のペット公園がオープン
    4. ペットの福利熱が上昇中 – 屏東県初のペット公園がオープン