文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き 
発布日:2017-11-03    
「屏東のグリーンエネルギー発展の多様性と豊かさは、本当に他者の優れた点と欠点と比べるために自分自身を映しだす鏡です。」アルゼンチン、チェコ、エチオピア、ベトナムなど20を超える国家と30名以上の環境保護、リサイクルエネルギーの専門家が、20日に屏東県麟洛郷の中央牧畜場と林辺郷光采湿地(現在100%リサイクルエネルギーのモデル地区)を訪問し、再生エネルギーなどの発展と交流を行いました。参加者たちは屏東が発展させたシステム性再生エネルギーの技術に驚きを感じ、会場でも熱心な質問がなされました。限りある時間の中で、「屏東の経験」のコピーに成功することを願っています。

屏東県政府は2016年「屏東の強靭性さ都市と地方の国際論壇」にて、「イクレイ-持続可能性をめざす自治体協議会」に対し「100%リサイクルエネルギー都市ネットワーク」への加入申請書を提出し、台湾全土で唯一の加入都市となりました。今年の10月20日に財団法人国際協力発展基金会(国合会)とイクレイ東南アジア地区高雄環境永続発展能力訓練センター(ICLEI KCC)により共同で「クリーンエネルギー発展戦略研修クラス(グローバルクラス)」が開催され、特に屏東県はグリーンエネルギーの実地での訪問都市に指名されました。

屏東県・潘孟安県長は「屏東県は、牧畜と農業立県として、グリーンエネルギーの発展を非常に重視しています。牧畜業の方面では、バイオマス発電を積極的に普及させ、家畜の糞尿を利用した循環経済の角度から、グリーンエネルギーによる発電を推進しています。中央畜牧場では台湾全土で初のバイオマス発電を投入した模範養豚場に成功しました。光電と農業を結び付け、土地の多元化と複合的な利用の追求に尽力しています。農業処は全国を率いて光電栽培棚を推進し、また透過率に基づく法規と政策を制定しました。このほか県府と中山大学、成功大学などの学術部門が協力し、黒潮を利用した発電試験の完成に成功しました。テスト技術モジュールは、その他の先進国と匹敵する能力を誇ります。これらと国際クラスの環境エネルギーの専門家との対話により、屏東県内の関連スタッフの専門的な知識と能力を向上できるだけでなく、屏東県のグリーンリサイクルエネルギーの成果を国際舞台へと躍進させています。」と述べています。

国合会の国際教育訓練処・李志宏処長は「屏東県政府と中央畜牧場などの地元のリソースを結び付け、外国の専門家の方々に台湾のリサイクルエネルギーの方法とスタイルを理解してもらいました。1つの地球を前提として、各国が遭遇している環境保護のテーマは大小異なれど、グローバルな気候変化の現状に対応するために、交流プラットフォームを通して互いに経験をシェアすることも日増しに重要となっています。」と述べています。

島国であるギリバス共和国のエネルギー計画部エネルギー経済学の専門家Miriam Iakobwa Tikana氏は「自分たちの国は土地に制限があり、小規模なバイオマス発電を試してみたことがありますが、成功しませんでした。現在はソーラーエネルギー発電をメインとしています。屏東にて多元的なリサイクルエネルギーの発展とスタイルを見ることが出来て非常にうれしく思います。屏東での経験を、国にもたらしシェアします。」と述べています。

また、パラグアイ共和国の核エネルギーと放射管理局環境処処長César Augusto Echagüe氏は、屏東画完璧なシステム性のあるリサイクルエネルギー技術を持つことに驚き、自分の国もまた、養豚などの産業があるが、現在関連する技術は発展できていないと述べていました。チャンスがあれば、より深く屏東の生態変換エネルギーのシステムを研究したいと希望していました。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き
    2. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き
    3. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き
    4. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き
    5. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き
    6. 屏東のグリーンエネルギーの発展と特色 国際的な専門家の訪問と驚き