文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
2016屏東彩稲生活祭りが母の日に正式に閉幕  
発布日:2016-05-19    
38日間の「2016年屏東彩稲生活祭り」が5月8日の母の日にその幕を下ろしました。開催期間中はのべ10万人以上が訪れ、イベントオフィシャルfacebookページの露出度はのべ130万回以上に達しました。潘孟安県長は彩稲生活祭りを愛する各地からの観光客に感謝を述べ、屏東農家の優れた栽培技術を証しして恒春半島に太陽と砂浜、海以外の大地の美しさも示したのです。

今年の屏東彩稲生活祭りは恒春の龍水で行われました。平坦な地勢で水源が豊かであり、さらに山から吹き降ろす強い風のために病気や虫による害が伝わりにくい台湾最南端の有機稲作地域です。ここでは香りがよく甘みがあり、柔らかくて歯ごたえのある有機米「琅嶠米」が育てられています。この有機稲作地域で行われる彩稲生活祭りはより意義のあるものとなりました。

1か月以上の展示期間中、人々が田んぼアートを楽しむだけではなく、展示ゾーンに各種の創意工夫を凝らしたデザインによるインスタレーションが創作されており、多くの人が携帯電話のカメラで撮影した写真がインターネットを通じて広まり、ソーシャルネットワークで話題となり続け、インターネットにおける歴年の類似イベントの拡散効果の新たなピークを更新しました。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 2016屏東彩稲生活祭りが母の日に正式に閉幕 _1.jpg
    2. 2016屏東彩稲生活祭りが母の日に正式に閉幕 _2.jpg