文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
「2016屏東彩稲生活節」4月1日から5月8日まで恒春鎮龍水里にて開催 
発布日:2016-04-08    
「2016屏東彩稲生活節」4月1日から5月8日まで恒春鎮龍水里にて開催

2015年に屏東県南州郷で開催されたLINEキャラクター採用の「彩稲芸術節(田んぼアート芸術祭)」は広く好評を得ました。そして、2016年は恒春鎮龍水里で屏東県政府による「2016年屏東彩稲生活節」が展開されます。エバー航空および長栄海運との提携により、今期のテーマを取り入れて設計する立体図案田んぼアートは、恒春半島が持つ魅力的な熱帯の景観と当地の文化の特色を結合したもので、これにより観光客をおおいに呼び込むことが期待されます。


潘孟安県長は次のように語ります。昨年のLINEキャラクター採用彩稲芸術節は44日間にして参観者数66万人を達成し、さらに巧みに近隣地区も合わせて観光の発展を促進しました。今年は開催場所として恒春鎮龍水里を選びました。この地区は天然の湧泉が豊かなことに加え、農村の至る所に風に揺れるヤシの樹が見られ、観光地としての田園の美景のみならず、当地の有機農業も同時に売り込むことができます。

潘県長は特別にエバー航空と長栄海運のキャラクター図案の無償提供に対する感謝の印として、屏東産農産物をエバー航空の機内食用に届け、世界各地の乗客に屏東の農産物を賞味していただきます。

38日間開催される彩稲生活節は、田んぼアート区以外に、5つのテーマ区も設けています。「稲浪星空露営区」は、皆で星を眺めることができ、「稲草地景区」は稲田と芸術創作を結合して作った記念撮影用の風景です。「稲田楽園区」では田植えをお楽しみください。「屏東好市集」は当地でも古くから続く農家と企業の独創的な商品を取り扱っています。また、「稲田食堂」は稲田の付近で有名シェフの協力を得てグルメを提供します。

2016屏東彩稲生活節は、4月1日(金)から5月8日(日)まで、広さ1ヘクタールにおよぶ恒春鎮龍水里社区の会場にて開催されます。どうぞ皆様揃って稲田にお越しになり、美しいアートを眺め、龍水のおいしいお米を賞味し、屏東の熱意をとおして、エバー航空、長栄海運、屏東県政府による異業種提携のすばらしさをご実感ください。
分類:[活動]

  • 関連画像
    1. 2016屏東彩稲生活節_1.jpg
    2. 2016屏東彩稲生活節_2.jpg