文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
2016屏東熱帯農業博覧会、賑やかに開幕 
発布日:2016-02-04    
2016屏東熱帯農業博覧会が賑やかに開幕を迎えました。27ヘクタールにも及ぶ敷地にはテーマ別で12のコーナーが計画され、台湾初、人形芝居・布袋劇キャラクターが描かれた田んぼアートや800メートルにもわたるウリ科植物に囲まれた緑のトンネル、3.5ヘクタールの色とりどりの花畑、レジャー農業の特別展覧コーナーが含まれています。入場は無料です。県知事・潘孟安が、特別な熱帯農業芸術を一緒に体験して旧暦正月休みを楽しみましょう、と全国のお客さんを歓迎しています。

潘知事によると、屏東は農産物、花、淡水・海水養殖の重要な産地だそうです。今年の熱帯農業博覧会では、田んぼアートと花畑、ウリの緑のトンネル、多民族の特殊農作物区、農作物の生産体験、レジャー農業の特別展覧コーナーの他に、良質な漁業産品の試食コーナーと若者クリエイティブ商品コーナー、子供遊び場といった、県役所が特に企画された様々なテーマがあるそうです。グルメを満喫したり体験したりできる博覧会は、親子にとっても最適です。

園内には台湾ならではの布袋劇キャラクターが描かれた田んぼアートがあるほかに、20種余りの鮮やかな花や草で漁業と畜産の様子、花と果物の豊作、農村の風景が描かれた、台湾最大のランドアートが見られ、全国屈指の農業県を目指すビジョンが表してあります。

さらに、馬術コーナーでは馬術パフォーマンスが行われ、騎馬体験もできます。ペットコーナーでは、大仁科技大学のチームより犬・猫などペットに対する問題行動の矯正や美容についての指導が行われます。グルメ広場には農産物・特産物を販売する100店余りの屋台が揃います。また、子供が大喜びの子供遊び場も設置されています。

屏東熱帯農業博覧会のイベントは1月30日より2月29日までです。毎日(休園日の2月7日を除く)朝9時から午後5時まで開園し、入場無料です。

園内には800台の駐車スペースが設置されています。車に対して100台湾ドル、バイクに対して50台湾ドルの駐車代を頂戴いたします。

2月6日~2月14日(休園日の2月7日を除く)には屏東市の環球購物中心(グローバルショッピングセンター)にてシャトルバスが運営されます。始発便:朝11:00、最終便:午後04:00

詳しいイベント情報は、http://www.2016ptae.twにてご覧ください。
分類:[活動]

  • 関連画像
    1. 2016屏東熱帯農業博覧会 1.jpg
    2. 2016屏東熱帯農業博覧会 2.jpg
    3. 2016屏東熱帯農業博覧会 3.jpg