文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める 
発布日:2017-11-22    
先週(11月4日と5日)、高屏渓河浜公園にて「2017年屏東国際風筝節」が開催され、10万人近い人々がこぞって参加しました。屏東県政府は11日、東港大鵬湾青洲浜海遊休憩エリアに場所を移して開催し、午後3時に閉幕式典を開催しました。プロフェッショナルな、凧を空へと放つパフォーマンスの後、3日間のイベントは順調に幕を下ろしました。屏東県孟潘安県長は、「将来的に機会があれば、空にカラフルな景色を引き続き出現させます。」と述べています。

潘孟安県長は「先週高屏渓河浜公園での開催されたイベントでは、国内外のプロフェッショナルな凧揚げチームを招請して行われた凧揚げPKマッチなどのパフォーマンスのほか、屏東県内6カ所の学校の美術クラスの教員と生徒たちが、共同で最も代表的な6種類のフルーツ凧を描きました。それぞれの特色を具えた造型の凧、カイト、連凧とスポーツカイトなどが同時に空へと放たれました。カラフルな凧が青空一杯に飛び、広々とした芝生のバイオグリーンと互いに照り映えていました。現地では多くの人々が子どもたちを連れて、親子凧揚げエリアで風を追いかける面白さを楽しみました。この3日間、現地では凧のDYI体験イベントが多くの大人や子どもを惹きつけ一緒に参加し、手の中の凧を風に乗せて高く飛ばし、一緒に引っ張る美しい記憶となりました。」と述べています。

潘孟安県長は「2017年の屏東国際風筝節を通して、都市のイメージを向上し、さらに都市のイメージを国際舞台へと押し上げられることを願っています。河浜公園には緑豊かな草地があり、大鵬湾には美しいことこの上ない浜と海の風景があります。風筝節のイベントを通して、人々が屏東のロマンチックな風情をより深く感じ、体験してくれることを願っています。また地方の特色と文化産業と、観光による経済産出額の成長をもたらすことを願っています。

11日には大鵬湾青洲浜海游休憩区にて、1日中イベントが開催されます。小農フェア、凧のDIYと発票(レシート)の寄付で凧と交換などの関連イベントのほか、カイトボード、水上アイアンマンと世界のピエロ金メダルショーなど、盛りだくさんのすばらしいイベントが開催されます。すばらしい凧のパフォーマンスを観賞できるだけでなく、実際に凧の製作と学習、各種の凧の体験イベントに参加でき、さらに地方全体の観光の流れを呼ぶことができます。
分類:[活動] [一般]

  • 関連画像
    1. 屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める
    2. 屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める
    3. 屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める
    4. 屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める
    5. 屏風東国際風筝節が閉幕 都市のイメージを国際的に広める