文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
「吉光片羽」ピクニック音楽会・夏の午後のロマンチックに開演 
発布日:2017-08-09    
17歳のあの年、最も愛したあの曲を憶えていますか?
「吉光片羽 ピクニック音楽会」が、23日午後に屏東公園にてロマンチックに開催されます。今年は学生たちの突飛なアイディアにより、「筝吉闘艶」初のプロットによる、ギターに古琴を組み合わせた全く新しい体験を考え出しました。青々とした芝生の上は、家族みんなでピクニックを楽しむ人々で一杯となり、呉麗雪副県長も現場に訪れます。皆で一緒に音楽を聴き、軽やかなそよ風の吹く夏のひと時を感じてください。

イベントの総括コーディネーター・大同高校 張家妮さんは「練習の過程で多くの問題にぶつかりましたが、私たちは永遠にギターへの情熱を捨てることはありません。熱心に練習するあまり、手にはすべてタコができていますが、私たちの17歳の青春を、歌声でその温もりと感動を会場の人々に伝えたいだけなのです。これこそが私たちの民謡ギターへの情熱と音楽への態度なのです。」と述べています。

このイベントは、4校の高校と職業高校のギタークラブの学生たちにより準備、開催されます。屏東県青少年センターでは、当日51組の学生チームによるリレーライブのほか、今流行のピクチャーウォールを手配し、人々に相互コミュニケーションによるチェックインのために提供しています。現地で集まった多くの青少年の皆さんが、競い合い写真をとってチェックインをするのは、とても興味深いものです。イベントではまた「呼嚕フェア」屏東の地元のレストランカーも結び付けました。現地に足を運べば、音楽を聴きながらロマンチックな屋外でのピクニックをお楽しみいただけます。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 「吉光片羽」ピクニック音楽会・夏の午後のロマンチックに開演
    2. 「吉光片羽」ピクニック音楽会・夏の午後のロマンチックに開演
    3. 「吉光片羽」ピクニック音楽会・夏の午後のロマンチックに開演
    4. 「吉光片羽」ピクニック音楽会・夏の午後のロマンチックに開演