文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
深く社区に入り込み交通安全を指導 年配者の通行と運転をより安心なものに 
発布日:2018-06-05    
高齢者により発生する交通事故の比率が高めとなっています。例えば自転車、朝晩の視界の悪い時間帯に外出して活動する時に色の濃い衣類を着用したり、交差点を歩く際に信号を無視した運転をするなど、どれも高齢の年配者の方々が容易に交通事故に遭遇する原因となっています。交通事故の発生率を低減し、交通事故の発生を防止するために、里港分局楊効宜文局長は平時に所属の各分駐派所(派出所)に、深く村里に入り込んで従事し、また社区の各項目のイベントのタイミングと結び付け、警察と政府の各項目の安全予防の指導を行うよう要請しました。

大平派出所の許育銘所長は2018年4月28日午前8時に、里港郷潮厝社区発展協会により開催された「老朋友運動会!(お年寄りの運動会!)」と節電炭素低減節約電力使用の活動を結び付け、活動に参加した里港郷玉田社区、潮厝社区、三廍社区、塔楼社区など100名以上の年長の先輩方に交通安全指導を行いました。1.朝晩の暗い時間帯にバイクに乗る際には、光を反射するアクセサリーを追加する。2.高齢者の方が自転車に乗る際には、光を反射する装置とライトを設置しなければならない。3.飲酒後は運転しない。運転するなら飲まない。4.十字路で停止することで、お互いの安全を守れる。今回の指導イベントにより、人々が交通規則を遵守する概念を強化し、全体の指導効果を人々の心に深く植え付けられるよう願っています。

里港分局では「事前の予防と指導は、事後の調査や処理に勝ります。毎回深く村里に入り込み、社区での各項目の指導イベントを結び付けることで、人々に警察と政府の安全予防観念を構築し、「災いを未然に防止する」効果を達成したいと願っています。」と述べています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 深く社区に入り込み交通安全を指導  年配者の通行と運転をより安心なものに
    2. 深く社区に入り込み交通安全を指導  年配者の通行と運転をより安心なものに
    3. 深く社区に入り込み交通安全を指導  年配者の通行と運転をより安心なものに