文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典 
発布日:2018-09-19    
違法薬物が社会に与える重大な危険性と、青少年グループでのケタミン蔓延の問題に対応し、屏東県政府は9月5日、違法薬物防止制御システムのイベントを開催しました。午前は法務部、教育部が国際ロータリークラブ3510地区、慈済大学、国立自然科学博物館などの機関と共同で違法薬物反対モバイル巡回車「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)モバイルミュージアム」の屏東企画展を開催しました。巡回車による利便性、薬物乱用防止への情報と教育活動を屏東がもたらされました。屏東市美術館の裏手で、9月5日から9月18日午後1時から夜7時まで、2週間の展覧が開催されます。巡回車は多様性のある展示内容となっています。映像を通した体験と展示品の操作を通して、参観者に薬物と違法薬物の乱用の問題と危険性を認識させています。現在流行の新たな違法薬物の様相により、一歩進んでより一層の注意を払うよう呼び掛けています。このほか実際の違法薬物の乱用の社会における案例やビデオで、参観者が誤って毒物の被害に陥らないよう回避させ、乱用の影響が個人だけでなく、家庭と社会のすべてにダメージを与えることをはっきりと理解させます。

本日午前には「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の使用開始式典が開催されました。呉麗雪副県長が代表して国立自然科学博物館などの協力機関に感謝の意を表しました。このほか法務部・張斗輝常務次長が出席し、地元の関連する違法薬物防止制御ネットワークで働く仲間たちに声援を送り、一緒に「勇敢な違法薬物の拒否、思いやりと協力、住みやすく生活しやすい」幸せな屏東に向けて邁進していくことを宣言しました。

このほか午後1時30分には国立教育大学国際会議ホールにて「司法と公共衛生がともに治める違法薬物反対政策-屏東違法薬物防止制御フォーラム」イベントが開催されました。このイベントは屏東県政府と台湾屏東地検署が共同で指導にあたり、屏東県政府衛生局と屏東地検署緩起訴金(起訴猶予処分金)と認罪協商金(答弁での取引金)補助部分補助及び屏東県政府警察局、財団法人台湾更生保護屏東分会、財団法人犯罪被害人保護協会台湾屏東分会、屏東県栄誉観護人協進会、屏東市獅子会、国立教育大学との協力により開催されました。違法薬物の防止と抑制について、フォーラムイベントでは特別に台湾大学公共衛生学院・陳為堅特別教授と国立台北大学犯罪学研究所・周愫嫻特別教授を招聘し、台湾の現在の違法薬物のビックデータの分析を通して、台湾とポルトガルの違法薬物の統括政策の比較をシェアし、屏東県で違法薬物の防止抑制ネットワークに協力している仲間たちと交流しました。会場では特別に法務部保護司・羅栄乾司長、台湾屏東地方検察署・林錦村検察長が司会を行いました。会議の参加者は心理療養師、ボランティア、観護人、学校の教師、栄誉観護人、さらに違法薬物反対ボランティアなど各界の専門家が一堂に会し、お互いの意見交流を行いました。異なる声に耳を傾け、新たな世代の違法薬物反対の新たな思惟を突き動かし、違法薬物の防止抑制により多くのイノベーションと行動がもたらされることを期待しています。
分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    2. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    3. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    4. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    5. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    6. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    7. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    8. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典
    9. 「薬不薬一念間(薬に手を出すも出さないも一瞬)」モバイルミュージアム屏東特別展示の活動開始式典