文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
屏東黒マグロフェア、100卓のテーブルで総勢1000人が舌鼓 
発布日:2016-05-25    
屏東黒マグロフェアに足を運んだなら、絶対見逃せないのが地元ならではのグルメ。屏東県政府では今回特別に地元色の濃いB級グルメの宴を企画しました。お一人様たった199元で10品ものご当地グルメが食べ放題とあって、当初予定のテーブル50卓の予約があっという間にいっぱいに。大盛況を受け、県政府は急きょテーブルを予定の2倍の100卓に増加することにしました。2016年5月15日午後、1000名ものお客さんが台湾語のバラードソングのプリンスと言われる許富凱さんの歌声を聴きながら、ご当地グルメに舌鼓を打ちました。

潘県長もわざわざ会場に姿を見せ、参加者とともに地元グルメをおいしそうに召し上がりました。「『黒マグロ、サクラエビ、カラスミ』は東港鎮が誇る食べ物として知られていますが、実は東港ではおいしい物が意外と多く、華僑市場で水揚げされる魚介類や「肉粿」(台湾風おこわ)はここを訪れた人が食べるマストグルメ。このほか、サクラエビを使ったお菓子やぷりぷりの食感がたまらない「双糕潤」はお土産にぴったりで、どれも一度食べたら忘れられない味ですよ」と潘県長はアピールしています。

分類:[一般]

  • 関連画像
    1. 屏東黒マグロフェア、100卓のテーブルで総勢1000人が舌鼓
    2. 屏東黒マグロフェア、100卓のテーブルで総勢1000人が舌鼓