文字サイズ:
:::
屏東に関するニュース
四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑 
発布日:2018-11-21    
2018年四重渓温泉季は11月10日ランプに点灯、開幕しました。暖かな美人の湯につかれるだけでなく、屏東県政府では特に四重渓温泉公園に美しいラベンダー色の一面のランプ畑を創り出しました。絢爛でロマンチックで美しいことこの上ありません!

日本統治時代から有名な四重渓温泉には、近年県政府により和風スタイルの新しい温泉公園が新たに導入され、温泉郷の雰囲気が創り出されています。今年はさらに一歩すすんで紫色、桜をアレンジの要素とてライトアップしました。10日夜には潘孟安県長の司会により温泉季が開幕しました。公園全体がライトの光に照らされ、波のようにきらめく一面のライトの海へと足を踏み入れると、まるで紫色の花畑を散歩しているかのようです。桜の花びらを投影して足湯の池の中や歩道に舞い散るようすはまるで桜の木の下にいるかのようです。さらに幸福のミニ椅子を設置し、観光客の皆様がこの美しい時を楽しめるようにしました。地元の方々さえみな「四重渓がこんなに美しいなんて思ってもいませんでした」と驚いていました。

「落山風(滑降風)が吹き始めると、四重渓温泉の入浴のハイシーズンが始まります」潘孟安県長は「四重渓温泉は無色無臭で、飲むことも浴びることもできるアルカリ性炭酸泉です。また「美人の湯」とも呼ばれています。入浴後に再度温泉公園を散歩すれば、インターネットセレブリティのように美しい景色を撮影でき、身も心も癒されます。」と述べています。

四重渓温泉季だけでなく、県政府では近隣の車城郷の海口港で落山風芸術季を開催しています。30点近い風と共に動くアート作品が、秋冬の恒春半島をダイナミックな面白さに満たしています。観光電播処では観光客の方々が「日中は“落山風”を見て回り、夜には温泉入浴」しやすいよう、特別に送迎サービスを行っています。

本日より来年の3月3日まで開催される四重渓温泉季と落山風芸術イベント期間中、毎週金曜、土曜、日曜に送迎バスが運行されています。旧暦の旧正月の期間中は大みそか、元旦が運行停止となります。送迎バスには2本のルートがあり、1本目のルートは枋寮駅から発射し、海口港旅服中心(海口港旅行サービスセンター)、車城中学校、四重渓温泉公園、大梅路口駅に停車し、金曜日は往復でそれぞれ2便、土曜日と日曜日には往復でそれぞれ5便となります。2本目のルートは大梅路口駅から発車し、四重渓温泉公園、車城中学校、恒春転運駅に泊まり、最後に達龍磐公園に停車します。金曜日は往復でそれぞれ2便、土曜日と日曜日には往復でそれぞれ3便となります。

観光電播処では「今年の四重渓温泉季はライトアップされた景色が非常に美しいため、事前にインターネット上で熱い討論が引き起こされ、地元の宿泊予約率を突き動かしています。県政府では特別に業者と協力し、温泉季機関、観光客の皆様にイベントのパンフレットにより、四重渓温泉旅館、レストランなどの9件の協力ショップで消費すると、ただちに超お得な割引がお楽しみいただけるようにしました。また観光客の方々がイベント期間中に車城郷または四重渓温泉エリアで1晩宿泊するだけで、または飲食での消費金額が新台湾ドル満1,000元以上になると、レシートまたは領収書を証拠として、海口港の船の待合室、温泉公園旅服中心(温泉公園旅行サービスセンター)にて数量限定の記念品「葱宝のタオル」1枚と交換できます」と指摘しています。

潘孟安県長は「四重渓の美人の湯への入浴、和風でライトアップされた景色の鑑賞、老街でのおいしさを味わいにいらっしゃるのをお待ちしております」と述べています。イベントの詳細は屏東県政府の公式ウェブサイトにて検索してください。
分類:[一般] [活動]

  • 関連画像
    1. 四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑
    2. 四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑
    3. 四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑
    4. 四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑
    5. 四重渓温泉季が開幕・この上ない美しさのラベンダー色のランプ畑